(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 22,418.97 pt (+0.85 %)
中国本土株指数 7,893.76 pt (+0.98%)
レッドチップ指数 3,931.71 pt (+1.94%)
売買代金1,759億3百万HK$(前日2,000億1百万HK$)

中国・人民銀行の積極的な金融緩和を示唆

28日の香港市場はハンセン指数が4日続伸し、前日比0.85%高で引けた。同指数は朝方、前日比200ポイント超安で寄り付き、一時は22,000ポイントを割れたが、中国政府が入国者の隔離期間を短縮すると発表したことを受けて、反発に転じた。

 

また、中国当局の追加景気対策への期待も高まっている。中国人民銀行は本日も資金供給を拡大、28日はリバースレポを実施して1,100億元の資金供給を行った。3日連続の大規模資金供給でネットで1,000億人民元を供給した。この金額は過去3ヵ月間で最高である(過去供給額 600億元 (6/24) →1,000億元 (6/27) → 1,100億元(本日))。

 

人民銀行の易綱総裁は、「景気回復を支援するため、緩和的な金融政策を継続する」と述べ、積極的な金融緩和を示唆した。

 

中国本土の入国検疫要件の緩和により、インバウンド需要増加への期待から旅行株が急騰した。オンライン予約のTrip.com(9961)は一時前日比20%を超え、引けは前日比%16高となった。ホテル経営の華住酒店(1179)は同13%高と大幅反発。

 

航空・外食関連・カジノといった業種が恩恵を受けた。香港大手のキャセイパシフィック航空(0293)は同6%高、中国国際航空(0753)は同10%高。外食チェーンの九毛九国際(9922)は同8%、火鍋チェーンの海底撈国際HD(6862)は同7%上昇した。カジノ関連ではサンズ・チャイナ(1928)が同11%高、銀河娯楽(0027)は同8%高で引けた。

 

また、中国本土株も、規制緩和の報道を受けて堅調に推移した。上海総合指数は前営業日比0.89%高の3,409.21と4日続伸、CSI300も同1.04%高の4,490.52で引けた。好地合いが続き、終値ベースで約3ヵ月半ぶりの高値を更新した。

次ページ中国は入国者の隔離期間短縮で経済正常化を図る

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ