中国人民銀行が連日の資金供給実施。中国・香港市場は3営業日続伸 (画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 22,229.52 pt (+2.35 %)
中国本土株指数 7,816.94 pt (+2.46%)
レッドチップ指数 3,856.92 pt (+0.95%)
売買代金2,000億1百万HK$(前日1,484億0百万HK$)

米国市場の大幅上昇を引き継ぎ、アジア市場も上向きに

週明けの香港市場は断続的な買いに支えられて3日続伸となった。ハンセン指数は前営業日比2.35%高で取引を終えた。同指数は4月半ば以来の水準まで回復し節目と見られていた22,000ptを上方にブレイク、3日間で6.7%上昇した。

 

前週末に米国株式市場で大幅上昇した流れを引き継いで、アジア市場も上昇した。過度な金融引き締めへの警戒感も後退したほか、中国当局の景気対策の効果に期待感が高まっていることが、株式相場を押し上げている。

 

人民銀行は資金供給を拡大し、緩和姿勢を鮮明に

 

ハイテク株の比重が高いハンセンテック指数は前営業日比4.71%上昇し、3ヵ月ぶりの高値を回復した。スマートフォンの供給拡大が伝えられると、これが売上増加に繋がる材料として好感され、電子機器のBYDエレクトロニック(0285)が同15%高、スマートフォンの小米集団(1810)は同12%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382)は同10%高と上昇銘柄が目立った。

 

ヘルスケア銘柄も買われ、オンライン医療の京東健康(6618)、阿里健康(0241)は揃って同10%上昇した。両社とも6月22日に実施された薬品管理法の改正により、医薬品販売の規制が強化されることが不安視され、先週は大幅安となったもの買い戻しが顕著だった。

 

ほかにも、幅広く銘柄が物色され、香港証券取引所(0388)は同7% 高、Eコマースの京東集団(9618)は同6%高、アリババ(9988)は同3.5%近く上昇した。一方で、インターネットサービス大手のテンセント(0700)は一時2%近く下落した。

 

オランダの投資会社プロサスと南アフリカのメディア大手ナスパーズは自社株買いの資金を調達するため、テンセント株を段階的に売却する方針を示した。ナスパースはプロサスを通じてテンセント株を約27億6900万株、28.78%を保有している大株主である。

 

中国本土株も堅調で、上海総合指数が前営業日比0.88%高の3,379.19と3日続伸、CSI300も同1.13%高の4,444.26で引けた。好地合いが続き、終値ベースで、約3ヵ月半ぶりの高値を更新した。

Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

著者紹介

連載国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ