スティーブ・ジョブズがいなくても「現代はスマホ社会になっていた」という真理 (※写真はイメージです/PIXTA)

今、日本政府や多くの企業が「産官学の連携強化」や「イノベーティブな組織づくり」を謳い、意図的にイノベーションを起こそうとしています。イノベーションを創出するには、どうすればよいのでしょうか。そのヒントを探るため、イノベーションの「実態」に迫ります。

イノベーションは「一人の天才による偉業」ではない

イギリスの産業革命を牽引した蒸気機関の発明とその動力への応用に始まり、白熱電球の発明、飛行機や自動車の発明、ワクチン開発、コンピュータの発明やLED照明、インターネット、検索エンジンの発明など、これまで多くのイノベーションがありました。

 

個人宅への宿泊を仲介するのみで客室を所有しないホテル事業や、同じように個人ドライバーと乗客を仲介するだけで営業車両をもたずに行う配車サービス事業などのビジネスモデルもイノベーションでした。いずれも、それまでの産業や社会、市民生活を二度と後戻りできないように劇的に変えました。

 

これらのイノベーションがどのようにして生まれたのか、その経過を改めて振り返ると、一つの発明やアイデアが実現されたという単純なストーリーでは説明できない複雑な要素が絡んだものであるという事実が浮かび上がってきます。

 

それを緻密な考証で明らかにしたのが科学啓蒙家のマット・リドレーでした。

 

マット・リドレーの著書『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』にはこう語られています。

 

●イノベーションといわれるもののほぼすべてが従来イメージされているような一人の天才的な人間の偉業ではない。

●同じ考えをもっていた人間は同時代に数多く存在している。

●画期的な発明・発見というよりは、すでに分かっていることの組み合わせや応用が源泉である。

●厳密に組み立てられた論理から導かれた結果ではなく、ほとんどが偶然の産物である。

 

「『イノベーション』という言葉は、先進的と思われようとする企業によって驚くほど頻繁に使われるが、それがどうして起こるかについての体系的な概念はほとんど、またはまったく確立されていない。意外な事実だがイノベーションがなぜ起こるのか、どうやって起こるのか、そしてもちろん次にいつどこで起こるのか、誰も本当のところは知らない」

 

とリドレーは書き、続けて

 

「イノベーションは一般に思われているよりはるかにチームスポーツであり、共同事業なので、単独で働いている人はほとんどいない」「イノベーションはふつう指導されるものでも、計画されるものでも、管理されるものでもない。(中略)イノベーションは容易に予測できるものではない。主に試行錯誤で進行する、人間バージョンの自然淘汰である」

 

と書いています(いずれも『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』太田直子訳 NewsPicksパブリッシング)。

 

例えばトーマス・エジソンが1879年に発明したといわれる白熱電球は、その日付までに独自に白熱電球を設計した、または重大な改良を加えたと主張できる人は21人に上るとリドレーは明らかにしました。

 

また白熱電球の例と並べてマット・リドレーも言及していますが、イギリス産業革命の原動力となった蒸気機関についても一人の発明家の偉業のようなものとはいえないことは明らかです。

早稲田大学ベンチャーズ 共同代表 京都大学博士

京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻/助教を経て、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて研究に従事。2010年より、マッキンゼー・アンド・カンパニーに参画。2016年より、ドローン関連スタートアップである株式会社自律制御システム研究所(現社名:株式会社ACSL)に参画、代表取締役社長として2018年東証マザーズ上場(CEO、会長を経て2022年3月退任)。

2021年、早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。

著者紹介

早稲田大学ベンチャーズ 共同代表 

オックスフォード大学理学部物理学科卒業(MA Oxon)後、1994年に三井物産株式会社入社、日米でベンチャーキャピタル事業に従事。2008年、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)参画。2009年、取締役パートナー就任。UTECではIT分野を中心とするシード/アーリーステージ投資を担当したほか、グローバル戦略にも注力。産業用ドローン開発の株式会社ACSLや知能化産業用ロボット開発の株式会社Mujin等の創業期に投資し社外取締役を歴任。Forbes JAPANが日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)の協力のもと、毎年行っている「日本版MIDAS LIST」日本で最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング2019年度1位。

2020年にUTEC退任後、2021年より、オックスフォード大学経営大学院在籍(エグゼクティブMBAオックスフォード・アラムナイ・スカラー)、早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。

著者紹介

連載イノベーションの不確定性原理

※本連載は、太田裕朗氏、山本哲也氏による共著『イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論

イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論

太田 裕朗
山本 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

イノベーションは一人の天才による発明ではない。 そもそもイノベーションとは何を指しているのか、いつどこで起き、どのようなプロセスをたどるのか。誕生の仕組みをひもといていく。 イノベーションを創出し、不確定な…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ