「先の見えない時代」だからこそ、つかみ取れるビジネスチャンスがある――。人々の価値観は、ここ数年の目まぐるしい出来事を通じ、大きく変化しています。ビジネスはこれまでにない新しい局面へ突入しているのです。新規事業の立ち上げを任されているリーダー、起業を検討している未来の経営者の方々が知っておくべきポイントを解説します。

UX(ユーザーエクスペリエンス)の時代へ!

近年における人々の消費行動の変化を示すものとして「モノ」消費と「コト」消費という一対の言葉が広く使われています。

 

「モノ」消費とは、モノそのものの価値を重視した消費スタイルです。戦後、冷蔵庫や洗濯機、白黒テレビの“三種の神器”や乗用車、クーラー、カラーテレビのいわゆる3C商品が消費者の憧れの対象となったのは、「モノ」消費の典型的な志向のあり方を示すものといえます。

 

一方「コト」消費とは、「コト」から得られる経験や満足感などに対して対価を支払う消費者の行動様式です。コンサート・イベントへの参加や演芸の鑑賞などがその具体例になります。

 

現代では「モノ」自体の価値や機能だけをアピールして売ることは難しくなっており、消費者の価値観は「モノ」消費から「コト」消費へと移行しているといわれています。別の言い方をすれば、人々が「物質的なモノ」よりも「精神的な満足」を求める傾向が強まっているのです。

 

このような消費者の嗜好の変化を背景として、現在を「UX(ユーザーエクスペリエンス)の時代」と呼んでいる識者もいます。

 

ユーザーエクスペリエンスとは、ユーザー(利用者)が製品やサービスから受ける価値のある体験を示す概念です。企業の側からいえば、ユーザーにとって望ましいUXを得られるように製品やサービスを企画し、デザインすることが強く求められているといえるのです。

 

「モノ」消費から「コト」消費へ

下図のように、提供価値は、従来の「モノ」の機能から、ライフスタイルやストーリー性のあるコンテンツにまつわる、「コト」に移行してきている。

 

[図表]「モノ」消費から「コト」消費へ

 

 

木下 雄介
カッティング・エッジ株式会社 代表取締役
中小企業診断士

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本記事は『改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋・再編集したものです。

    改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門

    改訂新版 超図解! 新規事業立ち上げ入門

    木下 雄介

    幻冬舎メディアコンサルティング

    事業立ち上げのリーダー必読! 豊富な図解でよくわかる! 7つのステップで理論から実践まで、新規事業立ち上げのポイントを徹底解説。 2017年4月発刊の“新規事業開発ハンドブック"がさらに実践的にリニューアル。VUCA…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ