習近平政権が海外における「統一戦線工作」を強化している理由

中国の統一戦線工作の目的は、中共を支持する人をできるだけ増やし、反対する人を減らすことです。その主な狙いは、中共の支配を確実にし、中共の権力独占が他の追随を許さないことを保証することです。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。

あの手この手で諸外国の内部に浸透する工作

■中国の統一戦線工作

 

中国の工作組織は、習近平総書記を頂点にして、中共中央委員会と国務院が工作を統制する構成である。例えば、中共中央委員会は、中共中央対外連絡部、中共中央統一戦線工作部、人民解放軍などの重要な組織を統制している。

 

このなかで中央統戦部は、「秘密主義」「曖昧」「目立たない」と表現されている組織であり、日本人には馴染みの薄い組織だと思われるが、我が国の平和と安定を維持するためにはさけて通れない組織だ。中央統戦部は、中共に対する中国本土の国民、海外の中国人、世界中の広範な華僑コミュニティの忠誠を確保しようとする、中共中央委員会直轄の組織だ。なお、中共中央委員会は中共の最高指導機関でもある。

 

中央統戦部は本来、国内で共産党が敵と闘争する際、反共・非共の勢力も取りこんで敵に対する工作をおこなっている。統一戦線工作の目的は、中共を支持する人をできるだけ増やし、反対する人を減らすことである。その主な狙いは、中共の支配を確実にし、中共の権力独占が他の追随を許さないことを保証することだ。

 

現在、中央統戦部は国内のみならず、国外を含んだ広範囲にわたる工作を担当している。国外での工作展開のきっかけは、2015年5月に約9年ぶりに開催された「中央統一戦線工作会議(中央統戦会議)」であり、同会議において国外工作を重視することが決定された。この会議は、中共にとっての中央統戦部の制度的重要性を高める結果になった。会議後、習近平は「中国共産党統一戦線工作条例」を施行した。

 

国外工作においては、相手国内の中国に対する反対活動を切り崩し、賛成派を増やすために、違法合法を問わず活動している。中国は、あの手この手で諸外国の内部に浸透する工作もおこなっているが、その総元締めが中央統戦部なのだ。

 

中央統戦部の活動は、台湾、米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでもっとも顕著におこなわれ、西側の政府や社会に悪い影響を与えている。海外における中央統戦部の工作の狙いは、敵の陣営に侵入し、これを弱体化し、破壊し、最終的には敵を内部から破壊することだ。

 

また中央統戦部は、国外における中国のイメージアップと利益にかなう方向に世論を形成し、行動をうながすように影響工作を実施している。当然ながら日本に対しても影響工作をおこなっている。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/17(水)19:00~開催決定
勤務医ドットコムが医師の節税・資産形成のご提案
最新「IoT投資用不動産」で利回り7%以上!

【医師限定】緊急オンラインセミナー 詳しくコチラ>>>

前・富士通システム統合研究所安全保障研究所長
元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー
元陸上自衛隊東部方面総監

1978(昭和53)年、東京大学卒業後、陸上自衛隊入隊。その後、外務省安全保障課出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、函館駐屯地司令、東京地方協力本部長、防衛研究所副所長、陸上幕僚監部装備部長、第2師団長、陸上幕僚副長を経て2011(平成23)年に東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争―そのとき日本は』(講談社現代新書)、『中国人民解放軍の全貌』(扶桑社新書)、『日本の有事』(ワニブックス【PLUS】新書)、共著に『台湾有事と日本の安全保障』『現代戦争論―超「超限戦」』(ともにワニブックス【PLUS】新書)がある。

著者紹介

連載日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

日本はすでに戦時下にある

日本はすでに戦時下にある

渡部 悦和

ワニブックス

中国、ロシア、北朝鮮といった民主主義陣営の国家と対立する独愛的な国家に囲まれる日本の安全保障をめぐる状況は、かつてないほどに厳しいものになっている。 そして、日本人が平和だと思っている今この時点でも、この国では…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ