片や賑わい、片や閑古鳥…大企業の移転&業績に翻弄される「街の栄枯盛衰」 (※写真はイメージです/PIXTA)

駅の南口と北口、または西口と東口。線路を挟んだ「あちら」と「こちら」で、街の賑わいがまったく違う地域があります。片や大企業のビル等の恩恵で繁盛し、片や人通りも少なく閑古鳥…。しかし、永久にそのままではなく、企業の経営状況や再開発事業の影響で逆転することもあります。企業と駅の賑わいの関係、賑わいと街並み形成の経緯について、過去の事例から考察します。

「浜松町」大再編で人流が激変

[7/30]本記事の著者「ライフプランnavi」によるWEBセミナーが開催!
 都心のタワーマンションで構築する無敵の資産形成
~注目の「タワマン裁判」の影響は? …詳細はこちら >>>

 

JR山手・京浜東北線と東京モノレール、都営大江戸線が乗り入れる「浜松町」駅には、駅南口と芝浦方面を結ぶペデストリアンデッキ(空中通路)があります。

 

正式名称は「浜松町構内跨線(こせん)人道橋」といい、昭和57(1982)年の竣工当時から芝浦に本社を置いていた大手電機メーカー・東芝の従業員をはじめ多くのサラリーマンに利用されています。

 

この通路は昭和59(1984)年度の「土木学会田中賞(永代橋や清洲橋を設計した田中豊博士の名を冠し、橋梁・鋼構造工学に関する優秀な業績に対し贈られる賞で、お台場のレインボーブリッジや横浜ベイブリッジなども受賞)」を受賞した優秀な建造物なのですが、一見すると「サビだらけで古めかしい」外観が物議を醸しています。

 

このサビは橋の耐久性を高めるためにあえて鋼材に錆安定化処理を施したもので、改修予算がなくて放置してこうなったわけではありません。しかし素人にはその原理がわからないため、「ボロボロでみすぼらしい」「なぜ補修しないの?」という声につながってしまうようです。すでに竣工から40年経っていますから「老朽化」と見られても仕方ないかもしれません。

 

一方、浜松町駅北口にある竹芝通りの上空では新しいペデストリアンデッキが建設中です。その正式名称は「港歩行者専用道第8号線(2026年に浜松町駅直結予定)」で、通路の高さはビル3階相当、幅員6m、全長236mの大規模建造物になります。

 

眼下には旧芝離宮恩賜庭園の全景が、さらに竹芝方面へ進めば首都高都心環状線も上空から望むことができます。この見晴らしは壮観で、まさにアニメや映画に出てくる未来都市のようです。

 

この通路の先にある複合オフィスビル「東京ポートシティ竹芝」にはソフトバンク本社が入居しています。ソフトバンクは竹芝エリアのスマートシティ化計画に参画するなど竹芝エリアの活性化に尽力しています。

 

これまで竹芝へ向かうのは港湾関係者か、伊豆諸島への定期船を利用する人ぐらいでした。今、「四季劇場」や「アトレ竹芝」「メズム東京」など注目のスポットが続々誕生している竹芝には、水辺のレジャーを楽しむカップルや家族連れといった“新しい人流”が生まれています。

 

Product(=芝浦の東芝)からIT(=竹芝のソフトバンク)への世代交代とでも言いましょうか、時代をリードする企業によって街の様相はどんどん変わっていきます。

「新大久保」コリアンタウンの火付け役

ご希望の日時にオンラインでご参加可能【少人数制勉強会】
30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会 …詳細はこちら >>>

 

 

駅の改札を出た途端、ここが東京であることを忘れさせてくれる街「新大久保」。韓流アイドルのブロマイドやキャラクターグッズのほか、ホットク、ハットグ、クロッフルなどの食べ歩きグルメも多彩なこの街はいつからコリアンタウンになったのでしょう。

 

新大久保に隣接する繁華街・歌舞伎町で働く韓国人女性が多かったからでしょうか? はたまた、新宿・職安通りに韓国料理店が林立していたせいでしょうか? もっとも濃厚なのは、韓国に所縁のある大手菓子メーカー「ロッテ」が新大久保(新宿区百人町)にあったからではないかという説です。

 

ロッテは昭和23(1948)年に新大久保で創業し、同地に建てた新宿工場で昭和25(1950)年からチューインガムの製造を開始しました。工場は山手線の軌道に沿うように細長く建てられ、壁面には「LOTTE」のロゴや商品名がデカデカと書かれていました。

 

それらを山手線の車窓から見た時は、「新宿に、しかも山手線の線路沿いにこんな大きな工場があるなんて」と驚いたものです。工場は平成25(2013)年に操業を終えてその4年後に解体、跡地は住宅展示場として利用されています。

 

環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

https://lifeplan-navi.com/

著者紹介

連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

※本連載は、『ライフプランnavi』の記事を抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ