いますぐ出ていけ!…世界の「住民強制退去」ビックリ事例集 (※写真はイメージです/PIXTA)

中国・上海市で、新型コロナ患者収容施設確保のために国有集合住宅の入居者を強制退去させるという、前代未聞の騒動がありました。いくら国家的有事とはいえ、そこまでしなくても…と思ってしまいますが、諸外国でも類似の事例は少なくないようです。世界各国で起こった衝撃的な「強制退去」事例を見ていきましょう。

中国、国有マンションをコロナ収容施設に「強制転用」

[7/30]本記事の著者「ライフプランnavi」によるWEBセミナーが開催!
 都心のタワーマンションで構築する無敵の資産形成
~注目の「タワマン裁判」の影響は? …詳細はこちら >>>

 

コロナ禍は時期に収束するのか、いやいやポストコロナまではまだ遠い…と、さまざまな意見や憶測が飛び交う昨今、中国でとんでもない「強制退去」騒動がありました。

 

舞台は上海のとあるマンションで、複数の警察官が入居者たちを住宅から追い出そうとし、双方で揉み合いになりました。このマンションは国所有の物件で、政府はいわばマンションの大家。中国政府はここを新型コロナ患者の緊急収容施設に代えようとしているのです。

 

日本では考えられないことですが、大家から「すぐに出て行け!」と言われたら、入居者は従わざるを得ないというのが、中国における賃貸借契約のようです。

 

ちなみに中国では、民間人が土地の所有権を得ることができません。親族同士で暮らす一戸建であっても、または長年耕し続けた農地であっても、国から退去を求められれば建物や農作物を放棄して引き渡すしかないのです。

 

中国のように「国土すべてが国有地」としている国は多数あります。たとえばイギリスの土地(主にイングランド、ウェールズ)は「国王の所有」とされ、オーストラリアの土地も「王に属するもの」とされています。

東エルサレムやカンボジアでは、さらに深刻な事態が…

ご希望の日時にオンラインでご参加可能【少人数制勉強会】
30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会 …詳細はこちら >>>

 

 

パレスチナ自治区の首都とされる東エルサレムでは、イスラエル軍によって2棟の住宅が粉々に破壊され、そこに暮らしていた住民が強制退去の目に遭っています。現状、東エルサレムはイスラエル国の実効支配下にあります。

 

軍は以前から「学校をつくるため」という名目で住民に対し立退きを促していましたが、住民側がいつまでも居座り続けたために今回の強行破壊に至ったものです。空爆を受けた後のように建物は跡形もなく崩れ、財産と呼べるものはほとんどなくなり、住民は瓦礫の中から思い出の品を見つけることぐらいしかできません。

 

長年“発展途上国”と称されてきたカンボジアも、1900年代後半から首都・プノンペンを中心に都市開発事業が加速しはじめました。そこで、開発のために必要な土地の強制収用に絡む紛争が発生します。

 

カンボジア政府は、ショッピングセンターや高級アパート建設など9つの開発事業のため約1万世帯・7万人に対し強制退去を要請し、それに従わなかった住民は拘束、または刑務所に収監されています。たとえ素直に従ったとしても、政府が用意した移転先は生活インフラや雇用・教育環境が整っておらず苦労を強いられることになります。

 

カンボジアの開発事業には、アジア開発銀行の筆頭株主である日本政府も少なからず関与しており、「先進国の一員として、地元住民の生存権を守る支援をすべき」との声も上がっているところです。

 

環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

https://lifeplan-navi.com/

著者紹介

連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

※本連載は、『ライフプランnavi』の記事を抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ