もし「タワマン火災」が起こったら?…住民たちが強いられる、超不自由生活 (※写真はイメージです/PIXTA)

高層建物内で火事等の災害に見舞われると、多くの人がパニックに陥り、将棋倒しや逃げ遅れといった二次的な事故を招く場合があります。それらを回避するため、消防法や建築基準法では避難経路の確保や耐火建材使用など厳しいルールを設けています。しかし、法律を順守した建物でも「安心・安全」を断言することはできません。万一に備え「タワーマンション」に暮らす住民が行うべき災害への備えについて解説します。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      パニック回避のための「自室待機」が仇となり…

       

      いまから40年以上前、高層建物の火災をテーマにした「タワーリング・インフェルノ」という映画が製作されました。アメリカ・サンフランシスコにある地上138階建ての超高層ビルが竣工セレモニー中に火災に見舞われ、数百人もの犠牲者が出るというストーリーです。

       

      この映画はフィクションですが、近年これに似たタワーマンション(タワマン)火災が現実に起きています。

       

      2017年、イギリス・ロンドンにある地上24階建て公営高層住宅「グレンフェル・タワー」で発生した火災事故では72人もの尊い命が奪われました。当時ロンドン消防局が推奨していた火災マニュアルは、「炎や煙が届いていない場所にいる人は避難せず自室待機する」というものでした。

       

      建物内に一斉避難指示を出すと住民がパニック状態になり二次災害も起こりかねません。そのため火元から遠い住民には自室待機を要請したのですが、グレンフェル・タワーのケースでは延焼が速く、待機住民の避難経路があっという間に閉ざされて多くの犠牲者を出す結果となってしまいました。

      令和2年、都内のタワマン火災は195件(東京消防庁)

       

      東京消防庁によると、令和2年に東京都内の高層共同住宅(=いわゆるタワマン)で発生した火災は195件あり、そのうち11階以上の上層階住戸が火元となったものは61件と全体の約3割を占めています。

       

      出火原因として最も多いのは「ガステーブル(キッチン)」からの出火で、次いで「放火」「たばこの不始末(寝室等)」となっています。たとえ耐火・防災性に長けた建物であっても、人為的なミスや悪意による火災のリスクは抑えられません。

       

      タワマンの場合、上層階住民の避難には相当の時間がかかります。なぜなら、タワマンのエレベーターには火災発生を検知した際は直ちに避難階(一般的には地上1階)へ移動し自動停止する機能が付いているからです。

       

      そうなると階段を使って避難するしかありません。ちなみに階段で地上30階から1階まで降りるのに要する時間は10分前後で、その分「逃げ遅れ」のリスクが高まります。また、火災発生場所が中層階部分であれば下階への逃げ道が阻まれるため、逆に屋上へ登っていくことになります。

       

      消防法では、タワマンであれば階層を問わず、室内で使用するカーテンやじゅうたん・寝具等を「防炎物品」にしなければいけないというルールを定めています。これらはタワマン住民が万一の事態に備えるためにできる最低限の防御といえます。この他、日常生活のなかでできる災害への備えにはどんなものがあるのか考えてみましょう。

       

      ◆避難経路の確認

      非常口や避難階段がどこに何ヵ所あるのか、それらが外部のどこに繋がっているのかを確認しておきましょう。少なくとも自宅住戸から最も近い非常口・非常階段の出入口ぐらいは覚えておきたいものです。

       

      ◆避難ハッチの確認

      火の手がまわり、廊下側にある非常口や避難階段まで行けない場合は、バルコニーにある「避難ハッチ」からハシゴをつたって他階へ脱出するしかありません。緊急時にあたふたしないためにも、日頃から避難ハッチの開閉方法などを確認しておきましょう。

      あなたにオススメのセミナー

        環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

        https://lifeplan-navi.com/

        著者紹介

        連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

        ※本連載は、『ライフプランnavi』の記事を抜粋、一部改変したものです。

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        登録していただいた方の中から
        毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
        会員向けセミナーの一覧
        TOPへ