恐ろしい…「睡眠中」や「口の中」にまで潜む“心不全リスク” (※写真はイメージです/PIXTA)

心不全を引き起こす原因は多岐にわたり、もはや「あらゆる病気が心不全につながっている」といっても過言ではありません。心不全は「心疾患が原因となる場合」と「心疾患以外が原因となる場合」に分かれます。驚くべきことに後者では、「睡眠中」や「口の中」の問題まで含まれるようです。一体どういうことなのでしょうか? 心疾患・心臓リハビリの専門医・大堀克己氏が解説します。

【関連記事】心不全は「がんより5年生存率が低い」…早期発見のための「セルフチェック」

「睡眠中」にも心不全のリスクが潜んでいる

心不全発症につながるリスクに、「睡眠時無呼吸症候群」があります。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まったり浅くなったりして体に低酸素状態が発生する病気です。原因はさまざまですが、いちばん多い原因は肥満です。太っている人が横になると空気の通り道である気道が狭くなり、呼吸がしづらくなることがあります。この状態がひどくなると低呼吸や無呼吸になり、睡眠時無呼吸症候群を発症してしまうのです。

 

肥満のほかにも、首が短くて太い人や顎が小さい人なども、もともと気道が狭い構造になっているため、睡眠時無呼吸症候群になりやすいとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群は減量したり就寝中の姿勢を変えたり、重症の場合は睡眠中に特別な装置を付けて気道を確保したりすることで改善できますが、症状を放置しておくと、日中に耐え難い眠気に襲われたり集中力が続かなくなったりして、日常生活に影響が現れます。それだけでなく、睡眠時無呼吸症候群は高血圧や心不全など循環器系の障害をはじめ、さまざまな合併症を引き起こすことが分かっています。

 

睡眠時無呼吸症候群がそうした病気を引き起こすのは、睡眠中に呼吸が停止することで各臓器への酸素供給が滞ってしまい、いろいろな臓器が機能不全を起こすからです。

 

また、交感神経の問題もあります。睡眠は本来、脳と身体を十分休ませるために必要なものです。しかし、睡眠中に無呼吸が繰り返されると、脳も身体も断続的に覚醒した状態になり、交感神経が亢進することで血圧が上昇してしまいます。血圧が高くなると血管に負担が掛かり、血管の内壁が傷ついたり硬くなったりしてしまいます。やがて動脈硬化を引き起こし、心不全などを発症するリスクになります。

 

さらに、低酸素状態は身体にとって生命の危機ですから、心臓は一生懸命酸素を取り入れようとして急激に心拍数を上げます。その結果心臓に負担が掛かり、心機能の低下を招

いてしまいます。

 

このように、睡眠時無呼吸症候群は、心不全を含むさまざまな病気のリスク要因となります。研究により、不整脈や心不全では約50%、薬が効きにくい難治性高血圧では83%の患者が、睡眠時無呼吸症候群を合併していることが分かっています【図表】。

 

【図表】循環器疾患における睡眠時無呼吸症候群の合併率

 

就寝中に無呼吸や低呼吸の状態になっているかどうかは、自分では気づきにくいかもしれません。多くの人が家族にひどいいびきを指摘されたり日中耐え難い眠気に襲われたり、起床時に頭痛や体のだるさを感じたりすることがきっかけとなって、病院で診察を受けています。

歯や口の中の問題、「歯周病」も心不全の一因

心不全の意外な原因として注目してもらいたいのが歯周病です。

 

「歯周病といえば、歯や口の中の問題でしょう? それがどうして心不全と関係があるの?」

 

そう考える人も多いと思います。確かに歯周病は口の中の問題です。

 

歯と歯茎の隙間(いわゆる「歯周ポケット」)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こした状態を歯周病といいます。ひどくなると、歯を支える骨を溶かし、歯を失う原因になる恐ろしい病気です。

 

さらに恐ろしいのは、歯周病は歯のトラブルにとどまらないということです。高血圧や糖尿病、さらには心不全など、命に関わる病気のリスクとなることが分かっているのです。

 

なぜ、歯周病がこれらのリスクになるのかといえば、歯周病は細菌感染による炎症だからです。歯周病菌の毒素や炎症関連物質が増えると、それらは歯肉の毛細血管から血流に乗って全身に運ばれ、インスリンの働きを悪くします。その結果、血糖のコントロールがうまくいかなくなり、糖尿病が悪化しやすくなるのです。

 

また、歯周病は高血圧のリスクにもなります。歯周病にかかっていると血圧を下げる薬が効きにくくなるため、高血圧の状態が続き、動脈硬化を引き起こしたり、心不全を招いたりします。さらに最近の研究で、歯周病菌が血管に入り込むと心筋梗塞や脳梗塞が起こることがある、と分かりました。

 

これほど恐ろしい病気であるはずなのに、歯周病を蔑(ないがし)ろにしている人も多いのが現状です。血圧や体温をこまめにチェックしたり、減塩や減量を心掛けたりする人は少なくありません。それらと同じく、きちんとした口腔ケアも、全身の健康を守るためにはとても大切なことなのです。

 

 

大堀 克己

社会医療法人北海道循環器病院 理事長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

社会医療法人北海道循環器病院 理事長 日本胸部外科学会指導医
日本外科学会認定医
日本医師会認定産業医

1968年、札幌医科大学胸部外科(現心臓血管外科)に所属して以来、今日まで一貫して心臓血管系と呼吸器の疾患に対する外科療法に携わり、現在はドイツのハンブルク心臓リハビリテーション協会と連携しつつ虚血性心疾患に対する心臓リハビリテーションに取り組んでいる。

著者紹介

連載心不全に負けない完全治療マニュアル

本記事は、大堀克己著『心不全と診断されたら最初に読む本』(幻冬舎MC)を抜粋・再編集したものです。

心不全と診断されたら最初に読む本

心不全と診断されたら最初に読む本

大堀 克己

幻冬舎メディアコンサルティング

心不全と診断されても諦めてはいけない! 一生「心臓機能」を維持するためのリハビリテーションと再発予防策とは? “心疾患・心臓リハビリ”の専門医が、押さえておきたい最新の治療とリハビリテーションを解説します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ