4月の中国株見通し…香港は底堅く、中国はもみ合いか

本記事は、東洋証券株式会社の中国株レポートから転載したものです。

【関連記事】中国株は振れの大きい展開【専門家が解説】

香港市場

3月回顧…ハンセンは約6年1ヵ月ぶりの安値

 

香港市場は、緊迫化するウクライナ情勢、国内経済の先行き不安や米当局の上場廃止警告による米上場の中国企業の急落などを背景に、月前半は大きく下落し、ハンセン指数は15日に19,000ptを割り込み、約6年1ヵ月ぶりの安値を付けた。

 

その後、中国副首相による政策支援の示唆が好感され、急反発を見せた。サウスバウンド(中国本土⇒香港)経由の中国マネーの買い越し額は18日時点、約502億HKDに膨らんだ(2月は約46億HKDの買い越し)。

 

個別銘柄では、新興EV(電気自動車)メーカーの小鵬汽車(09868)など成長株の下落が目立った。

 

4月見通し…不安定な動きも底堅い展開を想定

 

[図表1]ハンセン指数
[図表1]ハンセン指数

 

予想レンジ……ハンセン指数:19,500~24,500pt

 

4月の香港市場は、不安定な動きが続くかもしれないが、下値は限定的と考える。

 

ウクライナ情勢の先行き不透明感、中国における新型コロナの感染再拡大への懸念や世界的なスタグフレーションへの警戒感などは相場の重荷となろう。

 

一方、ハンセン指数のPBR(株価純資産倍率)は0.87倍、PER(株価収益率)は8.1倍(3/18時点)と、世界の主要株式指数と比べてバリュエーション面での割安感が際立っている。値ごろ感からの買い戻しは相場の支えとなろう。

 

5日は清明節、15日は聖金曜日、18日はイースターマンデーで休場となる。

 

東洋証券株式会社
 上海駐在員事務所 所長

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信社、コンサルティングファームを経て、2007年東洋証券入社。本社シニアストラテジストを務め、2015年より現職。中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

著者紹介

連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

【免責事項等】
この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ