新たなビジネス創造のチャンスとなるか!?「企業のメタバース導入」のメリット・デメリット (写真はイメージです/PIXTA)

本記事では、企業法務に詳しいAuthense法律事務所の西尾公伸弁護士が、企業におけるメタバース活用のメリット・デメリットについて解説していきます。

【関連記事】「どうせ訴えないでしょ」セレブインスタグラマーの哀れな末路【弁護士が解説】

ゲームとしての側面が強かったが…変化するメタバース

メタバースとは、「超(meta)」と「宇宙(universe)」とを組み合わせた造語です。

 

一般的には、オンライン上に設けられた仮想空間(「バーチャル空間」ともいいます)を指し、ユーザーのアバター同士が交流をしたり仮想空間上で開催されるイベントに参加をしたりすることができるプラットフォームをいいます。

 

メタバースは従来、余暇を楽しむ「ゲーム」としての側面が強いものでした。しかし、インターネットのさらなる高速化や機器の普及なども相まって、より日常を過ごす空間へと移行しつつあります。

 

特に、コロナ禍で外出を制限する人が増えるなか、メタバース空間で「外出体験」をしたり友人などとコミュニケーションを取ったりする人も増え、今後ますます日常に根付いたものとなっていくと考えられます。

どんなものが「メタバース」に該当するのか?

たとえば、次のものがメタバースに該当すると考えられます。

 

セカンドライフ

セカンドライフとは、2000年代に一大ブームとなったゲームです。

 

セカンドライフでは、ゲーム内の仮想空間上をユーザーの分身ともいえる3Dアバターが自由に動き回って生活をします。タイトルのとおり、ゲーム内でもう一人の自分が生活をしているイメージです。

 

仮想空間内で買い物をしたり自ら製作したアイテムなどを販売したりすることができる点も斬新で、大きな話題となりました。

 

企業がセカンドライフ内で店舗を出店する例も多く、セカンドライフ内で会議を開催することも可能です。セカンドライフは、まさにメタバースの先駆けといえるでしょう。

 

ブームは去ったように思われがちですが、現在も稼働しており、新たな機能が順次リリースされています。

 

Minecraft(マインクラフト)

Minecraft(マインクラフト)とは、仮想空間上にブロックを積み上げるなどして建物を建築したり採掘をして材料を集めたりするゲームです。

 

仮想空間の中を自由に冒険して他のユーザーが制作した建物などを見て回ることなどもでき、メタバースの一種であるといわれています。

 

Authense法律事務所 弁護士

第二東京弁護士会所属。中央大学法学部法律学科卒業、大阪市立大学法科大学院修了。
ベンチャーファイナンスを中心とした企業法務に注力し、当時まだ一般的な手法ではなかった種類株式による大型資金調達に関与。新たなプラットフォーム型ビジネスの立ち上げ段階からの参画や、資金決済法関連のスキーム構築の実績も有する。ベンチャー企業の成長に必要なフローを網羅し、サービスローンチから資金調達、上場までの流れをトータルにサポートする。
顧問弁護士として企業を守るのみならず、IT/ICTといったベンチャービジネスの分野における新たな価値の創造を目指すパートナーとして、そして事業の成長を共に推進するプレイヤーとして、現場目線の戦略的な法務サービスを提供している。

Authense法律事務所(https://www.authense.jp/)
Authense企業法務(https://www.authense.jp/komon/)

著者紹介

連載Authense法律事務所の西尾公伸弁護士が解説!サステナビリティ経営に欠かせない企業法務のポイント

本記事はAuthense企業法務のブログ・コラムを転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ