(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

投機色の強い「商品」や「ゴールド」

[図表6、図表7]では、1972年1月末=100として、ライン・チャートで見ています。

 

[図表6]主要な資産のトータルリターン(1972年1月末=100)
[図表6]主要な資産のトータルリターン(1972年1月末=100)

 

[図表7]主要な資産のトータルリターン(1972年1月末=100)
[図表7]主要な資産のトータルリターン(1972年1月末=100)

 

すると、米国株式や米国リートではバブル期があっても「長期右肩上がり」である一方で、商品やゴールドは下がったまま、長期間戻らないこともあることがわかります。

 

言い換えれば、米国株式や米国リートであれば「たとえ1970年代のようなスタグフレーション期に入るとしても、10年くらい待てば大丈夫」と言えるかもしれませんが、商品やゴールドはどうなるかはっきりしません。リスクはかなり高いと考えられます。

 

また、全期間のリターンで見ると、「商品は年率6.5%」、「ゴールドは年率7.7%」で、「消費者物価の年率上昇率3.9%」を上回っていますが、これだけ振れてしまうと、これらをメインに据えるというのはやはり困難に思えます。

 

なぜ、米国株式や米国リートのリターンは「長期右肩上がり」なのでしょうか。

商品やゴールドへの投資と、ビジネスへの投資の違い

まず、①商品やゴールドに投資することを考えると、利益を出すには、買った価格より高い価格で売却する必要があります。

 

言い換えれば、仕入れたものに付加価値を付けるわけではなく、仕入れたものを「右から左へパスすること」でしか利益を得る方法がありません。ただし、政府が債務のマネタイゼーションを含めてインフレを目指す分、期待リターンはプラスと考えられます。

 

次に、②ビジネスオーナーになること(=株式を保有すること)を考えると、一般的なビジネスでは、原材料や賃金などのコストに利益を上乗せして(=マークアップして)販売をします。言い換えれば、企業は、原材料を消費者にただパスする主体ではなく、原材料に付加価値を加えて消費者にパスする主体です。

 

原材料の価格(≒仕入れ値)が下がってしまっても、原材料そのものに投資をしているわけではなく、原材料を売れないほど大量に持ち越さない限り損失はありません。

 

また、(ガソリン販売などの川上に近いものでない限り)原材料の時価が下がっても、商品の販売価格を引き下げる必要はなく、据え置きで構いません。他方で、商品やゴールドの場合、時価が下がればその時価でしか売ることができません。

 

実際、多くの企業は、仕入れ値や生産コストが下がっても、販売価格を引き下げることをしません(→「価格の下方硬直性」と呼ばれ、寡占や独占的競争、メニュー・コストなどが主な要因とされます)。

 

新たな生産のための原材料の仕入れ値が安くなれば、利幅が拡大します。反対に、賃金や原材料の価格が上昇すれば、販売価格に転嫁します。それは、現在の米国で見られていることです。

 

次ページビジネスでは原材料を「踏み台」に人間の賢さを載せる

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ