ウミガメの鼻に刺さった、1本のストロー…写真が変えた「ストロー業界」の命運

2015年、コスタリカで鼻にプラスチックのストローが刺さったウミガメが発見されました。「自然分解されないプラスチックは悪だ」――3年後、欧州議会は2021年より、使い捨てプラスチック製品を禁止する規制案を可決。プラスチックのストローメーカーは窮地に立たされました。しかし、苦境の中、ビジネスを見直して新たなマーケットを開拓した日本の地方の中小企業があったのです。これまでのストロー生産の背景を見ていきます。

ストローの始まりは麦の茎の有効活用

ストローは英語で麦わらのことで、日本におけるストロー生産は明治時代の麦稈真田(ばっかんさなだ)業が始まりでした。麦稈の稈は節と節の間が空洞になっている茎のことで、つまり麦稈は麦わらということです。これを真田紐(さなだひも)のように編んでひも状にして、このひもを縫い合わせて麦わら帽子などを作ります。

 

麦稈真田の技術はヨーロッパ由来で、麦の産地である岡山県浅口市に伝わってからは地場産業として根づいていきました。明治時代には浅口市の周辺は麦稈真田の産地となり、フランス万博に出品するなどして輸出もしながら栄えていったのです。

 

浅口市周辺で穫れる麦は茎が太くて強度があるのが特徴です。そこで、寄島町の川崎三一という人物が麦の茎を飲料用のストローとして販売することを思いつき、ストローの製造・販売を開始しました。

 

こうして製品化された麦の茎のストローですが、麦は自然由来のため、虫が付くことがありますし、品質も良くありませんでした。また、かつては人の手で丁寧に刈り取ることで麦の茎をストローとして製品化できましたが、刈り取りが機械化されるようになるとその過程で茎が潰れてしまい、ストロー用の材料として茎を確保するのが難しくなっていきました。

 

それらの問題を解決するために1900年代に導入されたのが、紙製のストローです。紙製のストローは1880年代にアメリカで誕生しました。紙製のストローはプラスチック製ストローの代替品として生まれたというイメージがありますが、実は先に生まれたのは紙ストローなのです。

 

しかし、第二次世界大戦頃にプラスチックの大量生産技術が確立しプラスチック製ストローの生産が始まると、紙ストローの需要は減っていきました。紙ストローより耐久性があり、原価が安くて製造の手間もかからないというプラスチック製ストローの価値が世の中に認められていったからです。1950年代以降、日本の紙ストローの企業はこぞってプラスチックストローの大量生産に切り替えていきました。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

法政大学 教授

1954年生まれ。企業経営者から経営コンサルタントを経て、現在は法政大学教授、博士(商学)。

理論と実践の融合をモットーに、長年にわたって多角的な視点から企業経営に関わってきた。

人を大切にする経営学会副会長、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会副委員長。

主な著書に、『7つのステップで考える戦略のトータルバランス』(中央経済社)、『ベンチャー企業の成長と戦略』(中央経済社)などがある。

著者紹介

連載廃業寸前からV字回復へ!地方製造業の事例から紐解く「中小企業生き残り戦略」

衰退産業の勝算

衰退産業の勝算

井上 善海

幻冬舎メディアコンサルティング

数々の逆境を乗り越え新たな市場を開拓した、岡山県の小さなストローメーカーの軌跡! 安価な輸入品の席捲や廃プラ運動などにより衰退の一途をたどる国内ストロー業界。 そんななか、経営を立て直し再び成長する道を切り…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ