組織内で起きた〈失敗・しくじり〉…犯人探しや厳しい懲罰が「さらなる大問題」を招くワケ

「なぜあんなことをしてしまったのか?」「どうしてもっとうまくできなかったのか?」…誰でもそんなふうに悩んだ経験があるのではないでしょうか。失敗を恐れて行動しなければ、失敗は避けられますが、何も得られず、進歩もありません。脳神経外科医として活躍する筆者が、医師ならではの冷静な視点で、失敗が起こってしまう背景と、つらい失敗を人生の糧に変える方法を伝授します。今回は、組織内で起きた〈失敗〉への対処法です。

 

職場や学校など、集団のなかで「しくじり」や「失敗」をすることがあります。周囲の人たちにも何らかの影響がある可能性が高くなりますが、そのときの対応の仕方によって、その後の状況は大きく変わってきます。そこで、他人との関わりのなかで失敗を乗り越えるヒントや、失敗をプラスに変えるコミュニケーション術を考えました。特に、先輩や上司、親、チームリーダーなど、誰かを指導する立場に立つ人には重要な内容です。

 

失敗した人を叱責しても、問題の原因は特定できない

組織や集団のなかでしくじりや失敗があったときに、犯人探しをする人がいます。「誰だ、こんなことをしたのは!」と言って名乗り出てきた人を厳しく叱責する人です。

 

もちろん、それによって間違いを理解させて二度とミスをさせないようにするとか、周囲にも緊張感をもたせるという意味合いもあるのでしょうが、犯人探しと懲罰にこだわるのはむしろ逆効果です。それだけに終始していては、なぜ失敗したのかという原因を突き止めることができないからです。

 

失敗には必ず原因があります。大事なのはそれを突き止めて再び失敗しない環境をつくることです。しかし、失敗した人を叱責すれば、その人は口をつぐんでしまって原因を特定することができません。

 

失敗した当人を責めるよりも、まずは詳しく話を聞くほうが大事なのです。

 

病院でミスや間違いがあったときも、僕は、誰がやったかよりもなんでそうなったかが問題だと言って、詳しい経緯を報告してもらうようにしています。失敗した人がいたら、その日の体調がどうだったのか、シフトはどうなっていたのか、人員配置はどうだったのかなど、さまざまなことを聞き出して原因を考えます。

 

原因や背景が分かれば、それを修正していくことによってシステムは再構築され、より強い組織に変わっていきます。失敗というのは何らかの結果なのですから、どうしてそうなったのかを突き詰めれば組織も改善していけるのです。

 

ですから、警察が介入するような内容でない限り、魔女狩りをするようなことはやめたほうがいいです。犯人探しよりも、原因探しをするのです。

 

なかには、誠意や謝罪にこだわる人もいますが、そういう人に「では、何が原因で、次からどうしたらいいかという解決策は分かったんですか?」と聞くと、その肝心な部分は聞いていなかったりします。失敗した人に「ごめんなさい」と謝らせるだけでは次にはつながらないのです。

 

「失敗は、チーズの穴がすべて重なったときに起こる」という考え方があります。

 

英国の心理学者であるジェームズ・リーズン氏が提唱した「スイスチーズモデル」という考え方です。スイスチーズに空いているようなたくさんの穴をすべてのミスが通り抜けてしまったとき、大きな事故やトラブルへと発展するというものです

 

※『組織事故とレジリエンス―人間は事故を起こすのか、危機を救うのか』 ジェームズ・リーズン著、日科技連出版社

 

例えば、飛行機事故はたった一つのミスで起きるのはまれで、設計上のミスや整備のミス、ヒューマンエラーなどのさまざまな要因が重なったときに起こるといわれています。

 

そのため、複数の安全対策を何重にも組み合わせてリスクを軽減させています。何かのトラブルが発生したときも「当事者の疲労度はどのくらいだったか」「整備のチェック体制はどうだったか」など、さまざまな視点から原因を探すことが重要とされています。

 

 

【10月15日(土)開催セミナー】
1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

(年収500万からOK、全国対応OK)

あなたにオススメのセミナー

    医師
    脳神経外科東横浜病院 副院長 

    2001年、東京慈恵会医科大学を卒業、2005年、厚木市立病院勤務。
    その後、独立行政法人国立病院機構横浜医療センター勤務を経て2012年、東京慈恵会医科大学脳神経外科学講座助教。
    2015年、同大学同講座 講師・診療医長。2018年、医療法人社団のう救会 脳神経外科東横浜病院 副院長になる。

    著者紹介

    連載脳神経外科医が優しく教える、人生を成功に導く「しくじり」のすすめ

    人生を成功に導く「しくじり」のススメ

    人生を成功に導く「しくじり」のススメ

    郭 樟吾

    幻冬舎メディアコンサルティング

    イライラを家族や友人にぶつけて雰囲気を悪くしてしまった、試験やプレゼンの準備が不十分なまま当日を迎えて慌てることになった、など日常での小さな失敗は誰にでも起こり得ることです。 失敗と聞くとネガティブなイメージが…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ