「老人ホームは動物園と同じ」という職員の考えは正しいのか? (※写真はイメージです/PIXTA)

在宅介護に一生懸命に取り組んでいる職員が「老人ホームは動物園と同じですね」と感想をもらします。実際に老人ホームでは、24時間365日、万全の態勢で入居者である要介護者を管理しています。この職員の考えは正しいでしょうか。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者の小嶋勝利氏が著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)で解説します。

【関連記事】老人ホームは姥捨て山?「認知症高齢者」が好まれる残酷な現実

老人ホームの感動的な話には要注意 

口コミではありませんが、介護の世界では、感動秘話的な話もよくありますが、これも要注意です。

 

少し前に、多くの老人ホームで事例発表会なるものが流行りました。事例の多くは、死んでいく高齢者に対し介護職員がどうかかわったかとか、認知症で右も左もわからない高齢者に対し、丹念にケアをし続けた結果、このような改善が見られた、というものでした。

 

私は、この「事例」自体を、否定したり非難したいわけではありません。

 

私が問題だと考えているのは、とりわけ「死」という、今の医学では逃れようのない現象に対し、「人はこうあるべきだ」と推奨するような言動に対し「NOだ」と言っているのです。その人が、どう死のうとそれはその人の自由です。なんで自分が死ぬときに、周囲を感動させなければならないのでしょうか? 「まだ、死にたくない!」「もっと生きたい!」と叫びながら、無様に死んでいったって、いいじゃないですか、と言いたいのです。

 

認知症も同じです。「認知症の高齢者はこうあるべきだ」とか「認知症の高齢者だってここまではできるはず」ということは、介護側(周囲)の押し付けです。できてもいいし、できなくてもいい。どっちだっていいじゃないですか。その人の自由です。

 

特に、認知症の場合、人様のご迷惑にならないように、という概念が強く出てしまいがちですが、周囲の人の理解が進めば、おおむね解決できる話ばかりです。もっと言うと、認知症を発症する人など、全高齢者の中の一部にすぎません。長寿社会になっているため、その割合が増えてはいますが、高齢者全員が認知症になっているわけではないということを、私たちは頭の中に入れておくべきだと思います。

 

ある機関の調査によると、現在65歳以上の人口に占める認知症患者の割合は18%です。さらに、これを細かく年代別に見てみると、80歳以下の高齢者の認知症は10%以下です。80歳を超えると急増し85歳以上の高齢者は約50%が認知症になっているといいます。

 

この数字をどう見るかだとは思いますが、私は、80歳までに死んでしまえば、多くの人は、認知症を発症することなく人生を終えることができると理解しています。みなさんは、自分が80年以上、生きる自信がありますか? 少なくとも、私にはありません。

 

すこし、商売的な視点からも考えてみます。介護事業者にとって、認知症は比較的簡単にお金を獲得することができる対象です。こうした表現を不愉快だと感じる方もいると思いますが、現実をありのままに語るならば、この通りです。だから、多くの介護事業者は、ありとあらゆるところで、寝ても覚めても認知症、認知症と言っています。

 

認知症をターゲットにする理由は何でしょうか。理由は簡単です。相手が困っているからです。困っている人を相手に商売をするというのは、ある意味、楽に商売ができます。考えてみてください。困っている人は、みな、藁わらにもすがる気持ちで相手にすがっていきます。だから、多くの介護事業者が、できるできないにかかわらず、「認知症対応」を自分たちのサービス商品として声を大にして売り込んでいるのです。

 

話を人の死に戻します。介護は日常生活です。日常生活に大それた感動など必要はありません。もちろん、たまには感動することも必要ですが、年がら年中感動していると疲れてしまいます。

 

たまに、非日常的な世界を覗いて感動している程度でいいのではないでしょうか? それでは、日常生活にとって必要なこととは何でしょうか? それは、喜怒哀楽です。頭にきたり、悲しくなったり、怒りで手が震えたり、うれしくなったりすること。これが、介護にとって一番重要なことだと私は考えています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載失敗しない「老人ホーム選び」の鉄則

※本連載は小嶋勝利氏の著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

間違いだらけの老人ホーム選び

間違いだらけの老人ホーム選び

小嶋 勝利

プレジデント社

親の資産が潤沢にあれば、希望する老人ホームに入ってもらって楽になれます。しかし現実は厳しく、親の年金額内で賄える老人ホームを探すしかありません。 「介護の沙汰も金次第」。けれども、たやすく金を貯めることも、手に…

親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

小嶋 勝利

日経BP

老人ホームを探す子世代に向けて、老人ホームの特徴をタイプ別に解説し、親に合うホームの探し方を紹介。老人ホームの入居にかかる予算設定の仕方や老後資金の管理といったお金の話、ホーム生活の内幕も収録する。 お金で困ら…

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

小嶋 勝利

海竜社

老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ