フィリピン株式投資の醍醐味…経済牛耳る「10大財閥」すべて買っても10万円

成長期待から注目が高まっていたフィリピン株式。コロナ禍からの回復が遅れているため、逆に「仕込み時だ」と、さらに関心が高まっています。そのようななか、最も熱い視線が送られているのが、フィリピンで大きな影響力をもつ財閥企業。どのような企業なのか、みていきましょう。

【関連記事】破産法適用も黒字転換「フィリピン航空」4ヵ月で経営再建のその先 

フィリピンで強い存在感を示す財閥企業

\\7/2開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した最新「資産防衛&永住権取得術」

 

まずはフィリピンの主要企業を見ていきましょう。フィリピン証券取引所に上場する約300社のなかで、代表的な企業30社で、フィリピン総合指数(PSEi)が構成されています。日本でいえば日経平均などにあたりますが、その主要銘柄30社のうち。10社が財閥です。フィリピン株式市場のなかで、10大財閥は大きなウェイトを占めているわけです。

 

そのため、この10大財閥の動向はフィリピン株式市場はもちろんのこと、フィリピン経済全体にも影響を及ぼします。

 

そもそも財閥は持ち株会社であり、「Holding Firms」としてカテゴライズされています。現在フィリピンには財閥と呼ばれる企業は37社ありますが、そのうち主要な企業が10社です。この10社は、フィリピンの基幹産業である電気やガス、水道、道路、都市開発、金融など、あらゆる分野で主導権を握っています。つまり10大財閥に投資をするということは、フィリピン経済そのものに投資を行うようなものだといえるでしょう。

 

そのような観点でみていくと、10大財閥に投資することは「フィリピンの長期的な経済成長を取り込んでいく」という、長期投資の本流だといえるわけです。

フィリピン10大財閥…コロナ禍からの回復は?

フィリピンにおける財閥は、日本の戦前における、三菱財閥、三井財閥、住友財閥のような存在だと考えればいいでしょう。日本では戦後に解体されましたが、フィリピンではそのような財閥が大きな影響力を発揮しています。時価総額ベースでは、フィリピンマーケットの20~30%を占めているのです。

 

さらに持ち株会社ですから、その下に多くの企業がぶら下がっています。たとえば、アヤラという財閥の傘下には、グローブ・テレコムといった通信会社があったり、アヤラランドといった不動産ディベロッパーがあったりします。このような企業との連結分も含めると、市場の50%近くが財閥関連企業で占めているといえます。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ