高配当株を「東証二部&新興市場」で見つけるすごいメリット (※写真はイメージです/PIXTA)

東証は、東証一部以外に東証二部・JASDAQ・マザーズという3つの市場があり、これらに上場している企業は、成長途上で配当が低いイメージを持たれがちです。ところが実情は少々異なっており、かなり高配当な株も存在します。伸び盛りの企業に投資し、見守っていくメリットを解説します。

【株価急落】狼狽売り回避と胸を張るが…じつは「損切失敗」の悲しいパターン 

高配当株は東証一部以外の市場にもあります。

東証一部以外にも市場がある

日本の株式市場の中では、東証一部が圧倒的な存在です。日本を代表する企業が約2200銘柄上場していて、売買の9割以上が東証一部で行われています。

 

ただ、東証には他にも東証二部・JASDAQ・マザーズの3つの市場があります。これら3市場を合わせると約1600銘柄が上場しています(図表1)。

 

[図表1]日本の株式市場

 

東証二部には、東証一部に次ぐような規模の中堅どころの企業が上場しています。古くからの上場企業もありますが、JASDAQやマザーズから上がってきた企業もあります。JASDAQとマザーズは主に新興企業向けの市場で、伸び盛りの銘柄もあります。

 

なお、2022年4月から東京証券取引所は現行の4市場が、プライム、スタンダード、グロースの3市場に再編される予定です。

東証二部や新興市場にも高配当株がある

東証二部や新興市場というと、若い企業が多く、配当はあまり出さないようなイメージがありそうです。確かに、マザーズに多いような上場してからまだあまり時間がたっていないような成長中の企業だと、利益を一切配当せずに、成長のための投資に回すことが多いです。しかし、ある程度の成長企業になると、利益を配当に回すことも出てきます。

 

また、東証二部やJASDAQは古い市場なので、成長が止まったまま上場を続けている企業もあり、そうした銘柄は配当を出していることもあります。実際、配当利回りの平均を出してみると、東証二部やJASDAQの平均は、東証一部の平均よりはやや低い程度でそん色なく、中には配当利回りが高い銘柄もあります(図表2)。

 

※2022年1月1日に予定する1:1.5の株式分割を考慮した数値
[図表2]東証二部や新興市場の配当利回りが高い銘柄の例(2021年11月2日時点) ※2022年1月1日に予定する1:1.5の株式分割を考慮した数値

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

投資家 

1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、現在はパソコンおよびマネー関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP® 認定者)としても活動している。個人投資家としては、早くからパソコンとデータを駆使した詳細な分析で株式投資を実践している。

【最近の投資・マネー関連の著書】
「手堅く短期で効率よく稼ぐ 株カラ売り5つの戦術」「高配当・連続増配株投資の教科書」「実戦相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「実戦相場で勝つ! FXチャート攻略ガイド」(以上、自由国民社)、「Excelでここまでできる! 株式投資の分析&シミュレーション完全入門」(技術評論社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)などがある。

著者紹介

連載株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

本連載は藤本壱氏の著書『新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資』(自由国民社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

藤本 壱

自由国民社

コロナ禍に見舞われても、2022年も高配当株は健在! 2022年3月期企業の配当総額は12兆円超え! 3年振りに過去最高を更新の見込みで、チャンス到来! ベテラン投資家から株初心者までできる、「高配当株投資」の堅実な始め方…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ