【株式投資】グラフで一目瞭然「利益の再投資」「定期的な資金投入」の具体的な効果 (※写真はイメージです/PIXTA)

株式投資で高い効果を狙うには、時間を味方につけることが大切です。運用期間の長さが異なれば、同じ到達地点を目指してもリスクの大きさはまったく違ってきます。ここでは、初心者でもわかる平易な数字を使って、運用益の計算方法を学びます。

【株価急落】狼狽売り回避と胸を張るが…じつは「損切失敗」の悲しいパターン 

中長期的な資産形成を行う上で、計画を立てて無理のない投資を行うことは重要です。

利益を再投資して効果を高める

株で利益が出たら、その利益はどうすれば良いでしょうか? 「美味しい物を食べたい」「車を買いたい」など、消費も1つの選択ですが、投資の効果をより高めるには利益をまた再投資し、元手を増やしていくことが重要です。再投資することで、利益が利益を生み、より早く資産を増やすことができます。

 

例えば、100万円の元手を用意したとし、年あたり10%の利益を上げられるものとします。また、利益は再投資するものとします。すると、10年後には約259万円、20年後には約673万円、30年後には約1745万円になり、加速度的に資産が増えていきます(図表1)。

 

[図表1]利益を再投資することで加速度的に資産が増える

資金を定期的に追加する

一般的な資産運用では、資金を最初に1回投入するだけでなく、定期的に積み立てていくことが多いです。例えば、毎月1万円ずつ積み立てていくようなことができます。

 

株で資産形成する場合も、定期的に資金を追加していって、元手を増やしながら運用することが考えられます。元手が多いほど、そこから得られる利益も多くなります。

 

例えば、毎年30万円ずつ資金を追加していくとします。ただ積み立てていくだけだと、毎年30万円ずつ増えるだけです。10年で300万円、20年で600万円、30年で900万円…と増えていきます。

 

一方、積み立てた資金を元手に運用していけば、さらに増やすことができます。例えば、年あたり10%の利益を上げることができるとすると、10年で約525万円、20年で約1800万円、30年で約5428万円…と大きく増えます(図表2)。

 

[図表2]積み立てながら運用すれば資産を大きく増やせる

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

投資家 

1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、現在はパソコンおよびマネー関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP® 認定者)としても活動している。個人投資家としては、早くからパソコンとデータを駆使した詳細な分析で株式投資を実践している。

【最近の投資・マネー関連の著書】
「手堅く短期で効率よく稼ぐ 株カラ売り5つの戦術」「高配当・連続増配株投資の教科書」「実戦相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「実戦相場で勝つ! FXチャート攻略ガイド」(以上、自由国民社)、「Excelでここまでできる! 株式投資の分析&シミュレーション完全入門」(技術評論社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)などがある。

著者紹介

連載株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

本連載は藤本壱氏の著書『新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資』(自由国民社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

藤本 壱

自由国民社

コロナ禍に見舞われても、2022年も高配当株は健在! 2022年3月期企業の配当総額は12兆円超え! 3年振りに過去最高を更新の見込みで、チャンス到来! ベテラン投資家から株初心者までできる、「高配当株投資」の堅実な始め方…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ