投資リスクの低減を狙える「高配当株」+「REIT・インフラファンド」の組み合わせ (※写真はイメージです/PIXTA)

投資リスクを低減させるためには、時間を味方につけるのはもちろんですが、いろいろな商品を組み合わせる方法も効果的です。株式投資の場合、REIT(不動産投資信託)やインフラファンドが高相性だといえます。その理由について詳しく見てきます。

【株価急落】狼狽売り回避と胸を張るが…じつは「損切失敗」の悲しいパターン 

リスクを低減する方法の1つに、「株の個別銘柄以外にも投資する」という手があります。その中で、「REIT」や「インフラファンド」は高配当株投資に近い性質があり、組み合わせるのに適しています。

「REIT(不動産投資信託)」とはどんなもの?

投資信託は、多くの投資家から資金を集めてさまざまな金融商品に分散投資し、そのリターンを投資家に配分するものです。株式を対象にしたファンドをはじめ、さまざまな投資信託が販売されています。

 

「REIT」も投資信託の1つで、「Real Estate Investment Trust」の略です。日本語では「不動産投資信託」と呼びます。その名前の通り、REITは不動産を対象にした投資信託です。投資家から集めた資金を不動産に投資して、その賃貸収入や売却益を投資家に分配します(図表1)。投資先の不動産は、オフィスビルやマンション、商業施設、ホテルなどで、個々のREITの銘柄によって投資先の傾向は異なります。

 

出所:一般社団法人 投資信託協会HPより
[図表1]J-REITのしくみ 出所:一般社団法人 投資信託協会HPより

 

なお、REITは株式市場に上場されていて、株と同様の方法で売買できます。

 

実物不動産は価格が高額であるとともに、取引所を介さない相対取引ですから、個人で投資するのは簡単ではありません。しかし、REITであれば比較的少額(数万円~数十万円)から売買できるので、個人投資家でも投資しやすくなっています。

 

上場REITは2001年9月に2銘柄からスタートし、2022年1月上旬時点では全部で70銘柄に上っています。

「インフラファンド」と「ESG投資」

REITと似た性質の金融商品として、「インフラファンド」があります。「インフラ」の名前の通り、各種のインフラを投資対象にしたもので、大まかにいえばREITの投資先をインフラにしたものといえます。

 

2016年6月に「タカラレーベン・インフラ投資法人」が上場したのが第1号ですが、2022年1月上旬時点の上場銘柄は7つで、いずれも投資先は太陽光発電が主になっています。インフラファンドというよりは、「太陽光ファンド」という方が良い状態です。

 

ここ1~2年でESG投資が注目されるようになってきました。ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字を取ったもので、環境・社会・企業統治の3分野への企業の取り組みを評価して投資先を選ぶ方法のことです。その「環境」の中でも地球温暖化対策は中心的なテーマです。2020年10月に日本政府は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラル宣言を表明しており、同様に120以上の国・地域がこの目標を掲げています。

 

さらに、日本政府は2021年4月の気候変動サミットにおいて、2030年度において温室効果ガスの46%削減(2013年度比)を目指すこと、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けることを表明しました。

 

今後も再生可能エネルギーへの注目度は高く、太陽光発電をはじめインフラファンドは今後もさらに銘柄が増え、投資先のインフラの種類も増えていくことが予想されます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

投資家 

1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、現在はパソコンおよびマネー関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP® 認定者)としても活動している。個人投資家としては、早くからパソコンとデータを駆使した詳細な分析で株式投資を実践している。

【最近の投資・マネー関連の著書】
「手堅く短期で効率よく稼ぐ 株カラ売り5つの戦術」「高配当・連続増配株投資の教科書」「実戦相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「実戦相場で勝つ! FXチャート攻略ガイド」(以上、自由国民社)、「Excelでここまでできる! 株式投資の分析&シミュレーション完全入門」(技術評論社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)などがある。

著者紹介

連載株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

本連載は藤本壱氏の著書『新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資』(自由国民社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

藤本 壱

自由国民社

コロナ禍に見舞われても、2022年も高配当株は健在! 2022年3月期企業の配当総額は12兆円超え! 3年振りに過去最高を更新の見込みで、チャンス到来! ベテラン投資家から株初心者までできる、「高配当株投資」の堅実な始め方…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ