「借金の返済義務から逃れられない…!」〈相続分の放棄〉と〈相続放棄〉の混同が招く大問題【司法書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

相続における「相続分の放棄」と「相続放棄」は、似ているようで大きく違います。混同している方は少なくないのですが、「相続分の放棄」の場合、プラスの資産を受け取らないという意思表明になっても、「マイナスの資産を承継しなくていい」ということにはならないのです。多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が平易に解説します。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

相続と無関係になる方法は?

 相談内容 

 

相続が発生しました。その際、

 

「私は亡くなった方の相続分は一切受け取りません。放棄します。」

 

という書面に署名捺印しました。これで私は今回の相続と無関係になるのでしょうか?

「相続分の放棄」では、借金等の負債から逃れられない

 回 答 

 

「相続分の放棄」と「相続放棄」を混同している方は少なくありません。

 

「相続分の放棄」とは、遺産(プラス財産)の相続権を放棄する意思表示であり、「相続放棄」は、その相続に関してはじめから相続人とならなかったことになります。

 

多くの方は「亡くなった方の遺産を一切受け取らない遺産分割協議書に実印で捺印した→自分は相続に一切関係がなくなった」と考えるようです。これを相続分の放棄といえるかというと、法学的にはこれまた違うのですが…。

 

「相続分の放棄」と「相続放棄」とのいちばんの違いは、

 

「相続分の放棄」の場合、「相続分」がなくとも「相続人」であることには変わりないため、借金等の負債から逃れることができない

 

という点です。ここだけは、本当に声を大にしてお伝えしたいと思います。

 

一切のリスクなく相続と無関係になりたければ、現在の日本の法制度上、家庭裁判所での「相続放棄」しかありません。

 

もし特定の相続人の相続分を増やしたいというのなら、相続放棄ではなく、「相続分の譲渡」をすればいいのです。ほかの相続人に法定相続分と同等の持分を与えたい場合も、後々のトラブル防止のため、筆者なら、各相続人への「相続分の譲渡証書」の作成をお勧めします。

 

余談になりますが、相続分の譲渡という考えが実務上ある以上、相続分も放棄できると考えるのが当然です。しかし、実際の話し合いをしている際に使われることは稀だといえます(弁護士の先生ともこうした話をしますが、実務上、紛争になった遺産分割調停などで、後腐れなく手続きから離脱する場合に使われるケース程度とのことです)。

 

よく似たケースに、子ども全員が「相続放棄」したことでトラブルになってしまうパターンもあります。次回紹介します。


 

近藤 崇
司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

司法書士法人近藤事務所ウェブサイト:http://www.yokohama-isan.com/
孤独死110番:http://www.yokohama-isan.com/kodokushi

横浜市出身。横浜国立大学経営学部卒業。平成26年横浜市で司法書士事務所開設。平成30年に司法書士法人近藤事務所に法人化。

取扱い業務は相続全般、ベンチャー企業の商業登記法務など。相続分野では「孤独死」や「独居死」などで、空き家となってしまう不動産の取扱いが年々増加している事から「孤独死110番」を開設し、相談にあたっている。

著者紹介

連載現場第一主義の司法書士がレクチャーする「相続まめ知識」

本記事は、司法書士法人 近藤事務所が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ