事業の成長性を見込んで資本参加する「エクイティ投資」

前回は、投資の基礎知識のひとつデットとエクイティの概要を説明しました。今回は、エクイティへの投資の本質について見ていきます。

「企業の未来」に賭けるのがエクイティ投資の本質

前回の続きです。今回は、エクイティへの投資についてより詳しく説明します。

 

エクイティへの投資には、単にお金の貸し借り以上の意味があります。エクイティへの投資、つまり株式の購入は、その会社や事業の成長性を見込んで資本参加することです。例えば、有名ベンチャー・キャピタルのセコイアキャピタルが、創業したばかりのグーグルやヤフーにお金を出して、彼らのビジネスを助けたことこそがエクイティの本質です。

 

例えば、あなたの友人がスマホのアプリをつくる会社を興したとしましょう。創業資金は貯金から900万円を用意しましたが、資本金1000万円にするにはちょっと足りないんだとこぼしています。

 

そこであなたは、自分の貯金から100万円を用立てることにしました。もちろん、いついつまでに返済してほしいなんてことは言いません。「いつでもいいから」というあなたに友人は大感謝し、「いつか必ず倍にして返すから」と約束します。

 

あなたは知りませんが、友人はあなたを会社の株主にしていました。資本金1000万円のうちの100万円を提供したあなたは、この会社の所有権の10分の1を手に入れたことになります。

 

例えばこの会社の1株の株価が10万円と設定された場合、発行される株数は100株ですから、あなたは10株(100万円)を所有することになるわけです。これがエクイティへの投資です。

 

とはいえ、起業したばかりのこの会社には売り上げも利益もほとんどありませんから、あなたへのリターンはまったくありません。もちろん、あなたもリターンを期待してお金を出したわけではないでしょう。100万円は彼にあげたつもりでいました。

 

やがて月日が経ち、いつのまにか友人の会社のアプリは大人気になっていました。課金アイテムがどんどん売れて、メディアにもとりあげられるようになりました。

 

そんなある日、彼が200万円を持ってやってきます。利益がたくさん出て、会社の設備投資に使う内部留保を差し引いてもだいぶ余るから、株主に配当金を出すことにしたんだと言うのです。

 

株主への配当とは、会社に出資してくれた株主に対する、会社の利益からの分け前(リターン)です。

 

会社が成長しているあいだは、利益のすべてを次の事業への投資に使ってしまうので配当が出ないことも多いのですが、友人が言うには、あまりにも儲けすぎたので配当として株主に還元することにしたのだそうです。こうしてあなたの出資した100万円は倍になって返ってきました。

 

また、配当金を受け取っても、株主としての権利がなくなるわけではありません。あなたはその後もなお、その会社の株を10株保有し、会社の所有権の10分の1を持ち続けています。

 

ですから、この先も会社が利益を上げ続ける限り、配当金を受け取ることができるでしょうし、お金に困ったら持っている株を売却することもできます。もちろんそのときには1株の価格は当初の10万円の何倍にもなっているでしょうから、そこでもまた何百万円もの売却益を手にすることができます。

 

いささか夢物語のようですが、これがエクイティへの投資の本質です。

エクイティへの投資が日本経済の成長の原動力に

また、投資を受ける側の会社から見たとき、デットは返済期日を守って金利をきちんと支払えば後腐れのないただの借金ですが、エクイティの出資者に対しては、返済しなくてもよいだけに恩を感じます。

 

そのぶん、研究開発に力を入れイノベーションを推進することなどを通して、市場競争を制して会社を成長させて報いねばならないというインセンティブが働くのです。

 

日本経済の成長という観点から考えたとき、成長の原動力となるのは、期日までに決められた金額を返せばよいデットよりも、イノベーションなどによって会社を成長させようとするエクイティへの投資だと筆者は考えています。

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013年1月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載投資初心者のための「資産運用」キソ講座

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!