iDeCoよりも「確定給付年金(DB)」に注目したい納得の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

会社が潰れる本当の原因は、赤字や債務でなく「資金不足」です。資金繰りを良くするにはどうすればよいのでしょうか? ここでは、資金繰り専門税理士が「税理士から教われない資金繰りテクニック」を公開します。

【関連記事】フェラーリは経費…うるさい税務調査官を黙らせた、意外な一言

iDeCoだと「60歳まで受取れない」が…

iDeCoが人気。iDeCoは個人型の確定拠出年金(DC)のことで、節税効果が大きいのが人気の理由。

 

まず、積み立てた時に掛金が全額所得控除になる。

 

また、運用中は分配金などの運用利益が非課税になる。さらに、60歳以降で受け取る時に、年金として受け取る場合は公的年金控除、一時金として受け取る時は退職所得控除が受けられるため、ここでもかなり税金が優遇される。

 

ただ、資金繰りという点から見ると、60歳まで受け取れないのがネック。

 

そこで注目したいのが、確定給付年金(DB)である。

 

確定給付年金の1つである「福祉はぐくみ企業年金基金」を例にすると、この年金は退職や休職のタイミングでも受け取れる。これは大きい。

 

今は終身雇用がない時代。転職も珍しくない。女性は結婚や出産を機に退職することがあるし、男女問わず、起業する人も多い。お金が必要なのは、まさにこういう時である。

 

60歳になって「そろそろ引退だなあ」「年金ももらえるなあ」などと考えるタイミングではなく、脱サラして起業する時、仕事を辞めて育児に専念する時に、お金が必要になる。

 

確定給付年金は、そのタイミングでお金を受け取れる。女性や起業を考えている人には是非勧めたい制度。

 

もちろんiDeCoと同じような効果があり、掛金は毎年の所得から引くことができ、受け取り時は退職所得控除が受けられる。

 

ただし、確定給付年金への加入は、勤め先を通じて行う。つまり、勤め先の会社が契約しなければならない。

 

経営者としては社員の資産形成を支援し、喜んでもらうことができる。社員だけでなく、会社も社会保険料の削減効果があるため、メリットが見込める制度だ!

節税対策にも、融資対策にもなる「決算賞与」

日本は3月決算の会社が多い。賞与の支給は夏と冬が多い。慣習的にそうなっているが、これは資金繰りの面から見ると、あまり良くない。

 

銀行などの金融機関は、会社の決算書などを見て資金を融資するかどうか判断する。つまり、会社の決算書は、銀行などの金融機関に「貸してもいい」「貸したい」と思ってもらう重要な資料であるということ。

 

内容が良いほど融資を受けられる可能性は上がる。決算書の見せ方は操作することは可能である。節税と銀行評価を良くする手法の一つとして、決算賞与をオススメする。

 

具体的には、社員に支給する賞与の通知を決算月、実際の支給を翌月に設定する。

 

通知は、賞与の明細書を渡すということ。決算日から1ヵ月以内(来期に支給する、という点が大事)に賞与を支給する。すると、賞与は今期に発生した費用となり、その分を利益から損金として引くことができ、節税になる。

 

それも大事ではあるのだが、重要なのは実際の支給を翌月に設定するという点。

 

決算書は決算日時点の情報をまとめる。決算日にはまだ賞与を支給していないので、来月、賞与として支給する予定の金額が、貸借対照表の現金預金の科目に載る。例えば、決算賞与を総額1000万円支給するなら、決算書の現預金残高が1000万円多く見える。

 

融資対策ではここが大事。銀行などの金融機関は、現金を持っている会社に融資したいと考えるから。

 

決算日にはできるだけ多くの現金預金を持っていることが重要。現金預金が多い決算書は銀行の評価で3年間使われることになる。

 

「貸してもいい」「貸したい」と思ってもらうために、決算月に合わせて賞与の支給額を通知し、翌月に支給時期を調整しよう。

 

さらに、決算賞与は特別損失として計上できるので、営業利益、経常利益を下げずに決算書を作ることができる。決算賞与はいいことばかりの決算対策なのだ。

 

 

菅原 由一

SMGグループ CEO

SMG菅原経営株式会社 代表取締役

SMG税理士事務所 代表税理士

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

SMGグループ CEO
SMG菅原経営株式会社 代表取締役
SMG税理士事務所 代表税理士 

1975年三重県生まれ。税理士。東京・名古屋・大阪・三重に拠点を置き、中小企業の資金繰りコンサルタントとして活躍。銀行が絶賛する独自資料の作成で赤字会社も含め融資実行率は95%以上。顧問先の黒字企業割合は85%を実現している。

これまで700本以上のセミナー講師を務め、7000名超の経営者が受講し、TV、専門誌、新聞、各メディアからの取材も多く、大手企業からの講演依頼も多数。

アメーバブログ「脱!税理士菅原のお金を増やす経営術!」は人気を博し、Ameba公式トップブロガーに認定。

前著に『会社の運命を変える究極の資金繰り』がある。

著者紹介

連載「キャッシュリッチ企業」になれ!激レア資金繰りテクニック

※本連載は、菅原由一氏の著書『激レア 資金繰りテクニック50』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

激レア 資金繰りテクニック50

激レア 資金繰りテクニック50

菅原 由一

幻冬舎メディアコンサルティング

受講者数は延べ7000人! 資金繰り専門税理士のセミナー講義内容をついに書籍化。 会社の生存力を高めるには、負債がないことや黒字経営であることよりも、手元に資金がいくらあるかということが重要です。 たとえ黒字経…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ