税務調査で問題となりやすい「名義預金」3つの対策ポイント【税理士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

税務調査で問題になりやすい「名義預金」についての対策について、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

【関連記事】調査官の思うツボ…税務調査「トイレを貸してください」の真意

税務調査で問題になりやすい…「名義預金」とは?

名義預金とは、口座の名義人と、実際に口座を管理している人が異なる預金のことをいいます。

 

たとえば、おじいさんが孫のために孫名義の口座を作って、そこにお金を振り込んでいるようなケースです。

 

そうするとおじいさんが亡くなったとき、その預金が本当はおじいさんの財産であったとされ、相続税が課されてしまいます。

 

もちろん孫としては「おじいさんからもらった」、つまり、贈与を受けたと主張するでしょう。贈与であれば贈与税がかかりますが、年間110万円までは非課税となります。したがって、口座の名義人の多くは、この年間110万円の非課税枠を利用して贈与を受けた、という話にもっていきたいと考えるはずです。

 

しかし、税法の考え方では、それが名義預金であるなら、贈与ではなく「おじいさんの財産」として扱います。そうすると、口座の中の預金は、すべておじいさんの相続財産となってしまいます。

 

中には、税務調査で調べるのは、亡くなった人名義の財産だけだろう、と考える方もいらっしゃるかも知れません。そのため、孫の名義で預金している名義預金は、安全だと考えてしまってはいないでしょうか。

 

しかし税務調査では、相続人の口座も調べられます。名義預金は疑われやすい財産ですので、特に注意をしてください。

 

では税務調査で名義預金とされずに、贈与を受けていたのだと認めてもらうには、どうすればよいかについて解説していきます。

 

まずは、贈与がきちんと行われたことを記録しておきます。

 

贈与はお互いで約束する契約の一つですから、おじいさんも孫も、当然、預金のことを知っていなければなりません。おじいさんが孫に完全に秘密にして預金していれば、そこに贈与が成立する余地はありません。

 

たとえば、おじいさんの印鑑で勝手に口座を作ってお金を振り込んでいたり、通帳をおじいさんが持っていて、孫が管理していないという実態が明らかになったりすると、名義預金と認定されやすくなります。

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧