目がかすむ、ぼやける…失明リスクもある「実は怖い症状」【眼科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

スマートフォンやPCの普及などにより、現代人の多くが目を酷使する生活を送っています。目がかすんだり、ぼやけて見えたりする経験は誰しも身に覚えがあり、見えにくさを感じても「よくあること」として放置してしまいがちです。しかし、そうした「何気ない症状」が怖い病気のサインであることも…。目の健康を守るために知っておきたい、正しい知識を紹介します。

「何気ない症状」に潜む失明リスク

「モノがぼやけて見える」

「視力が下がってきた」

「目がかすむ」

 

なんとなく気になる目の症状があっても、そのまま放置していませんか? 目の疾患には、これといった自覚症状がないままじわりじわりと進行して、気づいたときには失明寸前になるものがいくつもあります。

 

「目が疲れているんだろう」

「年のせいだろう」

 

そんなふうに“自己診断”して放ったらかしにしがちな症状のウラに、目を急激に衰えさせる病気がひそんでいることも少なくありません。

 

「頭痛がする」

「ムカムカして吐き気がする」

 

こんな目とは関係ないように思える症状が、実は目が見えなくなってしまう病気の兆候だったりするのです。

 

東京・錦糸町にある「眼科かじわらアイ・ケア・クリニック」には、毎日のようにたくさんの患者さんが、視野が欠けたり黒いゴミのようなものが見えたりして見えづらくなってから、あわててやってくることが多いです。

 

「もっと早く病気を特定できていれば、適切な治療ができたのに」

 

「目の病気について正しい知識があれば、ここまで視力を落とさずにすんだのに」

 

そんな思いをすることが決して少なくありません。

 

また近年、自分の病状に不安を持ちながら、納得いく治療が受けられずに「眼科難民」となっている人が増えています。手遅れになってしまい、後悔する患者さんを1人でも減らしたいという気持ちでいっぱいです。

 

[図表1]放置すると危ない「目の症状」をセルフチェック出典:梶原一人著『放っておくと怖い目の症状25』(ダイヤモンド社)より

眼科 かじわら アイ・ケア・クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒。ハーバード大学研究員、スタンフォード大学リサーチ・アソシエート。日本人初のハワード・ヒューズ・メディカル・インスティテュート奨学生。北里賞受賞。

1959年東京都品川区生まれ。慶應義塾大学医学部卒業後、臨床眼科学を学び眼科医に。現場で治せない多くの病気に直面し「根本的な治療法を考えたい」と1990年にハーバード大学に研究員として留学。在職中に世界で最も権威のある科学雑誌『ネイチャー』『サイエンス』に論文を発表する。

1994年、スタンフォード大学医学部・神経生物学教室にリサーチ・アソシエートとして移籍。1995年、東京大学医科学研究所・化学研究部の客員研究員を兼任し、帰国後は理化学研究所脳科学総合研究センター(神経再生研究チーム・チームリーダー)。

2006年、「眼科 かじわら アイ・ケア・クリニック」開設。最新鋭の検査機器を揃えて高レベルの医療を提供するだけでなく、米国で学んだ「患者さんの立場になって優しく心のこもったケアをする(TLC=Tender Lovely Care)」を実践し、口コミで患者さんが増加。整理券を配布しても行列ができる評判のクリニックとなっている。

著者紹介

連載名医が教える放っておくと怖い「目」の症状

※本連載は、梶原一人氏の著書『放っておくと怖い目の症状25』(ダイヤモンド社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ハーバード×スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25

ハーバード×スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25

梶原 一人

ダイヤモンド社

痛くもかゆくもないのに失明寸前!?「ちょっと様子を見よう」が悲劇の始まり。 「モノがぼやけて見える」 「視力が下がってきた」 「目がかすむ」 そんな気になる目の症状を放置していませんか? 目の疾患には、これ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ