子と不仲「孫だけに相続したい…」が難しい、シンプルな理由【税理士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

「子供ではなく、孫だけに相続させたい」という事情をお持ちの方もいるでしょう。果たしてそれは可能なのか、そしてできるとすればどのような手続きが必要となるのか、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

【関連記事】調査官の思うツボ…税務調査「トイレを貸してください」の真意

「孫だけに財産を相続させることは可能か?」

ご家族には、それぞれ事情というものがあります。

 

特定の方に財産を渡したくないとか、特定の方にすべての財産を渡したい、という事情がおありの方もいらっしゃるかと思います。

 

ここでは、「お子さんではなく、お孫さんだけに財産を相続させることができるのか?」「できるとすれば、それはどのような方法になるのか?」について見ていきましょう。

 

まず相続のルールからすると、お子さんとお孫さんの両方がいらっしゃる場合、お子さんは法定相続人になりますが、お孫さんは違います。何も対策しないまま相続を迎えれば、お孫さんに財産を相続する権利はありません。

 

そして、結論からいうと、相続でお子さんを差し置いて、お孫さんだけに財産を渡すことは難しいです。

 

たとえば、お孫さんに全ての財産を相続させる、という内容の遺言書を作成したとします。

 

しかしながら、相続のルールでは、お子さんには「遺留分」(※)といって、最低限の相続財産を請求する権利があります。

 

※ 遺留分…兄弟姉妹以外の法定相続人に、最低限確保されている相続分。相続割合は原則、法定相続分の1/2。

 

お子さんがこの権利を行使するかどうかはわかりませんが、もし行使をすれば、その法定相続分の半分まで請求することが認められます。

 

お子さんが納得して遺留分を放棄すれば、遺言書どおりの相続が実現する可能性もあるのですが、そうならなかった時には、せっかくお孫さんに財産を遺そうとしたのに、かえってお孫さんに辛い思いをさせてしまうかも知れません。

 

このことから、相続でお孫さんだけに財産を渡すことは難しいといえます。

 

さて、相続以外でお孫さんに財産を遺す方法としては、生前贈与が挙げられます。

 

生前にお孫さんに財産を贈与しておけば、実質的には、お孫さんに相続させることと同じになります。

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ