税金 相続税対策
連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」【第14回】

「相続税を申告しなかったら…?」“不要”なケースと“ペナルティ”が発生するケース【税理士が解説】

相続税税理士養子縁組

「相続税を申告しなかったら…?」“不要”なケースと“ペナルティ”が発生するケース【税理士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

相続税の申告をしなかったら、どうなってしまうのか…? 税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

【関連記事】調査官の思うツボ…税務調査「トイレを貸してください」の真意

「相続税無申告」ペナルティ、あるいはそれ以上の罰が

相続税は、小規模宅地等の特例や、配偶者の税額軽減といった特例を適用せずに、相続税額が0円になれば申告する必要はありません。

 

しかし、本当は相続税の申告が必要なのに申告をしなかった場合、あるいは、本当はもっと財産があるのに、少ししか申告しなかった場合、その相続人にペナルティが発生する場合があります。

 

まず、申告をしなかった場合や、財産や税額を少なく申告した場合には、延滞税と加算税という2つの税金が、本来支払う税金に上乗せされる場合があります。

 

延滞税とは、相続税の申告期限までに納税しなかった税額に、遅れて納付した日数分を上乗せする、利息のような税金です。

 

加算税とは、納めていない税金に対し、その悪質性に応じて上乗せされる税金です。

 

加算税には、大きく分けて3つが挙げられます。

 

1つ目は、相続財産や税額を少なく申告した場合に発生する過少申告加算税。

 

2つ目は、まったく申告をしていなかった場合に発生する無申告加算税。

 

3つ目は、悪質的、いわゆる意図的にした過少申告や無申告に対する重加算税。

 

そして、税金を上乗せするペナルティとは別に、悪質な脱税行為は懲役刑を受ける可能性もあります。

「バレないのでは?」と考える人も多いが…

相続税は、特に税務署も慎重に調査をしています。

 

死亡した人の情報は、役所の死亡届で把握していますし、過去の確定申告などの情報から、相続税の対象になりそうな財産も把握していると言われています。

 

バレないだろうと安易に考えて、相続税の申告を怠ったり、適当に計算して提出することは絶対にやめましょう。

 

 

■動画でわかる「相続税の申告をしなかったらどうなる?」

 

 

 

天野 清一

税理士法人・都心綜合会計事務所

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧