「すまんが、お前、手伝ってくれないか」に従った部下の悲惨すぎる末路【心理カウンセラーの実話】 (※写真はイメージです/PIXTA)

技術コンサルタント、心理カウンセラーである永嶋良一氏は書籍『心理学で職場の人間関係の罠から逃れる方法』のなかで、職場での苦いやり取りを赤裸々に語っています。本記事で紹介するのは「上司が自分の指示をすっかり忘れていた」という恐ろしい事態。あなたならどうしますか?

【関連記事】高学歴でも「仕事ができない社員」に共通する、意外な口癖

「すまんが、お前、手伝ってやってくれないか」の末路

私は会社員時代、化学会社に勤めており、工場の化学プラントの設計と工事の仕事をしていました。化学プラントというのは、石油精製や高分子製品の生産に用いられる工場のことをいいます。そして、私の会社では、期(6ヵ月)に一度、その前の期の業務査定があり、その結果を上司が面接という形で部下に伝えていました。

 

あるとき、その業務査定の面接があり、先期の業績の話が終わった後、当時の上司が私に次のようなことを依頼したのです。

 

「おい、永嶋。実は折り入って、お前に頼みたいことがあるんだ。研究所から、今期に、エンジニアの応援が欲しいと言ってきている。我々の本来の、工場のプラントの設計や工事の仕事とは違うんだが、断るわけにもいかないので弱っているんだ。すまんが、お前、今期は研究所の仕事に特化して、研究所を手伝ってやってくれないか」

 

私は、上司が研究所から圧力をかけられて困っている状況がよく理解できましたので、自分の本来のミッションではありませんが、上司をぜひ助けてあげたいと思ってその依頼を快く了承したのです。

 

私は、指示されたとおり、その期は研究所のサポートの仕事を集中して行いました。

 

そして、半年が経ち、また業務査定の面接がありました。すると、上司は非常に怒りを含んだ口調で次のようなことを言ったのです。

 

「おい、永嶋。お前は一体何をやっているんだ。我々の仕事は工場のプラントの設計と工事だろう。しかるにお前は、この半年間、研究所の手伝いばかりやっていた。我々のミッションをまったく理解しておらず、結果として会社に何一つ貢献していないじゃないか。まったくもって、実にけしからん。従ってお前の業績は最低点とした」

 

私は、この言葉を聞いて、びっくり仰天しました。とっさのことで返す言葉も見つからず、おそらく、しばらくは茫然と口を開けて上司を見つめていたのだと思います。なんと、その上司は自分が研究所の仕事を手伝ってやってくれと依頼したことを完全に忘れてしまっていたのです。

 

ようやく、事情を察した私は上司に対して「あなたが指示したから、研究所の仕事をやったんですよ」と何度も言いましたが、上司は自分の言ったことを完全に忘れていて、まったく耳を貸しませんでした。それどころか、私が言いわけをしていると思って、ますます怒り出す始末です。

 

このような指示をいちいち記録には残しませんので、上司がそのような発言をしたという証拠は残っていません。また、当時の会社のルールでは、面接での業績査定結果の通知は、最高裁の判決と一緒で、査定結果はもう決定された既成事実であり、くつがえすことができないものでした。

 

さらには、上司の面接や業務査定結果に対して異議を唱えるといったシステムもありませんでした。すなわち、私には泣き寝入りするしか手段がなかったのです。結局、私の先期の業績は最低点となり、ボーナスが大きく減額となりました。

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

※本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『心理学で職場の人間関係の罠から逃れる方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧