金融庁が仕掛ける「地銀再編」は成功するか【国際投資アナリストが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

金融庁は経営体力が万全ではない地方銀行間の再編をコロナ前から進めてきました。世界的な金融緩和のなかで銀行経営に苦しむ地銀再編はどのように進むのでしょうか。国際投資アナリストが解説します。※本連載は、後藤康之氏の著書『最強の外資系資産運用術』(日本橋出版、2021年4月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】中国最大の貿易相手国が「アメリカ」であるという複雑怪奇

地銀再編・合併を後押しする特例法が成立

金融緩和によって日本ではどのような影響が見られていくのでしょうか? メガ3行(MUFG、SMBC、みずほ)など大手銀行の合併は既に10年前程度に完了し、金融庁による強い旗振りのようなガイダンスもあり、経営体力が盤石でない地方銀行間の再編が、コロナショック以前から進んではいました。

 

共有している問題は、日本国内、特に地方の過疎化による人口減や低成長による資金需要低下、また日銀のマイナス金利を含む、圧倒的な金利低下により、銀行の収益源である貸出金利回りの恒常的な低下が挙げられます。

 

各地域において一定程度の優良行はあるものの、すべての地方金融機関がこのまま生き残っていくことは、既に難しい、と考えることに異論は少ないかと思います。

 

その中、地銀等の再編・合併を後押しする特例法が国会で可決されました(2020年5月20日)。この法律により、金融庁が統合・合併を目指す地銀の事業計画を審査し、収益力の向上や金融サービスの維持につながることを条件に、地銀同士の合併が独禁法の適用除外(10年間ほど)になりました。

 

また2020年6月末に掲載された記事には、地銀を監督する金融庁の遠藤長官(当時)の談話が掲載されていました。

 

『新たな改革を始めて1年経過したが、道半ばだ。実感として改革が進んだ地銀は全体の4割程度という感覚だ。地銀は経営理念を脇に置いて、人事ピラミッド上位の経営本部が下位の営業職員にノルマや心理的プレッシャーを課し、失望した若手行員の離職を招いている。金融庁は監督者として振る舞いつつも、所詮他人事となりがちで、当事者意識に欠けていた。』

 

そして2020年7月11日の記事によると、金融庁が自己資本健全な銀行に対して、預金保険の保険料をさらに低減させる意向、というニュースが出ていました。これは要するに、銀行や金融機関でも規模が大きければ、優遇します、といった措置にも捉えることができ、規模の大きくない地銀などの合併を結果的に促している、とも考えられます。

 

またコロナショックにより国民1人ずつに配布された特別給付金(10万円)を通じて、政府からも低減の必要あり、とコメントしたことで注目を浴びた銀行の振込手数料も(規模の比較的小さい)地方金融機関ほど、経営の収益に対して負の影響度が大きいようで、結果として規模の小さい地銀への包囲網が着々とできているようにも考えられます。

 

日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
国際公認投資アナリスト(CIIA)
准認定ファンドレイザー(cfr)

1985年東京生まれ。東京育ちであるが、高校2年生から海外へ留学。2008年に米国・ブラウン大学を卒業後、中国・南京大学にて大学院へ進学し(国際関係学専攻)計8年海外で過ごす。日本へ帰国後、在京の外資系金融業界(証券会社と資産運用会社)にて計9年従事。株式と債券、PEや不動産を含むオルタナ投資等、 幅広い金融商品の経験もある。

学生時代のグローバルな体験に加えて、金融業界で養った知見、そしてコロナ禍での大きな環境変化を察知し、社会情勢や業界全体の動向(リサーチやSDGs等)、そして個別企業の財務分析や、日本のスタートアップ企業へのサポートなど取り組んでいる。

著者紹介

連載「資産寿命」を伸ばす最強の外資系資産運用術

最強の外資系資産運用術

最強の外資系資産運用術

後藤 康之

日本橋出版

日本の高齢化や年金2000万円問題を背景に、コロナ禍前から注目されていた『資産寿命』というテーマ。 加えて2020年の新型コロナという世界中に影響を与える大きな変化が起こったことで、個人レベルでの『資産寿命』を延ばす…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧