人口ボーナス期でみる「東南アジア」の有望市場、3ヵ国 ※画像はイメージです/PIXTA

長期的な視点で海外の有望市場を考えたとき、総人口や生産年齢人口比率など、人口構成を検証することは重要です。なかでも経済の高成長を支える「人口ボーナス」は大切な指標となるでしょう。世界の投資家から注目集める東南アジアの国々について、「人口ボーナス」に注目して見ていきます。

【関連記事】なぜフィリピンは「投資に適した国、第1位」に選ばれたのか?

先進国の「人口ボース期」はすでに終了

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

「人口ボーナス期」とは、総人口に占める労働生産年齢(15歳~65歳未満)の割合が増え続ける時期を指します。生産活動に直接関わる人々が増え続けるわけですから、経済成長も続くというわけでです。

 

また働く世代が拡大することで、消費全般、なかでも住宅費の増加が見込めるといわれています。現役世代で支える高齢者の割合は低くなるため、社会保障費もぐっと抑制することができます。

 

人口ボーナス期では経済成長に関わるあらゆる面でプラスとなり、経済成長の歯車がまわっていくのです。

 

先進国の人口ボーナス期をみていくと、日本では2005年にすでに終了しました。米国も2014年に終了、欧州でも2010年に終了したといわれています。また細かく見ていくと、英国やドイツでは2007年に、フランスは日本よりも早い、1989年に人口ボーナス期は終了したといわれています。

 

人口に注目すると、今後、先進国では高い経済成長は見込めず、高齢化が進むなかで社会保障費が増加。経済成長を妨げる要因になると懸念されています。安定的な成長は見込めるため、低リスク低リターンを前提として投資先としては有望ですが、「資産を殖やす」という観点では、先進国は選択肢から外れるでしょう。

東南アジアの3ヵ国は「人口ボーナス期」継続

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

人口ボーナスに注目すると、投資対象としては見劣りのする先進国。それに代わり世界の投資家が関心を寄せているのが東南アジアです。ASEAN全体では、2041年まで人口ボーナス期が継続すると見込まれています。

 

そんなASEAN加盟国の中から投資対象国として存在感を示す3ヵ国、「フィリピン」「タイ」「マレーシア」について見ていきましょう。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧