「補助金、助成金、融資」…社長のための資金繰りテクニック (※写真はイメージです/PIXTA)

会社が潰れる本当の原因は、赤字や債務でなく「資金不足」です。資金不足に陥らないためには、助成金や補助金、借金などの様々な資金繰り手段はもちろんのこと、節税などによって手元のキャッシュを減らさない工夫も欠かせません。資金繰り専門税理士の筆者が、補助金や「ふるさと納税」といった身近な制度をフル活用するためのポイントを解説します。

【関連記事】ペヤングの製造会社が「ゴキブリ混入事件」で潰れなかった理由

経済産業省ホームページは「得する情報」の宝庫

今やあらゆる情報が無料で手に入る時代。ネットを探せばいくらでも情報が見つかる。でも、情報が勝手に舞い込んでくることはない。自分で探す。もしくは探してもらう。

 

補助金、助成金、融資に関する情報も、自ら探し、見つけにいく姿勢が大事!

 

そこでチェックしたいのが経済産業省のホームページ。「経済産業省事業主の皆様」で検索すると、資金繰りに関連した情報がたくさん見つかる。最近はコロナ関連の支援も多い。

 

ただ、サイトに掲載される情報は頻繁に更新される。1週間に1つ、2つくらいのペース、コロナ関連の補助金などが多い時期は、それ以上のペースで、新たな情報が出て、消えていく。つまり、それくらいのスピード感をもって探さないと、情報を取りこぼす。

自力で情報を探すか、情報提供できる専門家を頼るか

理想は、そのような情報を見て「社長、こんな補助金があります」「この融資、使いましょう」と提案してくる人を見つけること。税理士でもいいしコンサルタントでもいい。

 

ただ、現実にはなかなか見つからない。資金繰りを支援してくれる専門家を探しつつ、経営者自身も情報を探しにいく姿勢を持つことが大事。

 

補助金、助成金、融資の3つをキーワードに探していけば、「うちも申し込めるかも」「資金繰りにつながるかも」と思う情報がきっと見つかる。

 

特に最近はコロナ関連の補助金などが増え、そのような情報を提供してくれる人と、提供してくれない人(できない人)が明確になった。

 

補助金などが増えたということは、会社を成長させるチャンスも増えたということ。この機会を逃してはいけない。

 

重要なのは情報を探すこと。または、情報を提案してくれる人を見つけることだ!

ふるさと納税は「上限まで寄附」がオススメ

ふるさと納税。

 

名前は知っているけど、どんな仕組みかよく分からない。やったほうがいいのか、なにが得なのかいまいち分からない。

 

サポート先の社長やセミナーに来てくれた人から、そんな声をよく聞く。

 

結論は、やったほうがいい。できるなら上限まで寄附したほうがいい。

 

ふるさと納税は寄附金控除の一つ。ただし、一般的な寄附が、所得控除のみに適用されるのに対して、ふるさと納税は住民税からも控除できる特別控除がある。

 

その際に一律2000円の自己負担が発生する。言い方を変えれば、2000円でさまざまな返礼品を受け取ることができる。

 

簡単に言えば、10万円の寄附によって税金が9万8000円安くなるということ。

 

20万円なら19万8000円、50万円なら49万8000円で、いくら寄附しても自己負担は2000円のため、上限まで寄附したほうがいい。

富裕層にとって、ふるさと納税は「家計の味方」

上限は年収や家族構成によって変わり、年収が多い人ほど上限も高くなる。例えば、年収500万円くらいで家族がいる人の上限は5万円くらい、年収1000万円くらいなら20万円くらいまで寄附できる。

 

会社の資金繰りからは少し離れるが、ふるさと納税は個人の家計の資金繰りに役立つ。富裕層の人は返礼品だけで、食費や生活用品を賄っている人も多い。

 

自治体によって返礼品が違い、食品、洋服、家具、家電、旅行券など、多様なものが選べるので、興味がある人はまず、どんなものがもらえるか調べてみよう(ちなみに私は、家具をもらうことが多いです)。

 

 

菅原 由一

SMGグループ CEO

SMG菅原経営株式会社 代表取締役

SMG税理士事務所 代表税理士

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

SMGグループ CEO
SMG菅原経営株式会社 代表取締役
SMG税理士事務所 代表税理士 

1975年三重県生まれ。税理士。東京・名古屋・大阪・三重に拠点を置き、中小企業の資金繰りコンサルタントとして活躍。銀行が絶賛する独自資料の作成で赤字会社も含め融資実行率は95%以上。顧問先の黒字企業割合は85%を実現している。

これまで700本以上のセミナー講師を務め、7000名超の経営者が受講し、TV、専門誌、新聞、各メディアからの取材も多く、大手企業からの講演依頼も多数。

アメーバブログ「脱!税理士菅原のお金を増やす経営術!」は人気を博し、Ameba公式トップブロガーに認定。

前著に『会社の運命を変える究極の資金繰り』がある。

著者紹介

連載「キャッシュリッチ企業」になれ!激レア資金繰りテクニック

※本連載は、菅原由一氏の著書『激レア 資金繰りテクニック50』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

激レア 資金繰りテクニック50

激レア 資金繰りテクニック50

菅原 由一

幻冬舎メディアコンサルティング

受講者数は延べ7000人! 資金繰り専門税理士のセミナー講義内容をついに書籍化。 会社の生存力を高めるには、負債がないことや黒字経営であることよりも、手元に資金がいくらあるかということが重要です。 たとえ黒字経…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧