親の死の間際、長男が下した決断に次男が受けたショック【在宅医が見た医療の現場】 (※画像はイメージです/PIXTA)

終末医療の選択は、これまでの人生の経験と価値観の結果、選ばれたものです。ともに介護し、ケアの日常を見ている当事者のご家族の中でも意見の相違が生まれます。※本連載は中村明澄著『「在宅死」という選択』(大和書房)より一部を抜粋し、再編集した原稿です。

【関連記事】「お願いしようかな」余命1か月切った夫が葛藤して決めたこと

突然横やりを入れる遠い親戚に気をつける

■遠い親戚との付き合い方

 

ご家族が自宅療養を決意し、大変ながらも順調にケアができているというさなかに、突然横やりが入ることがあります。「遠い親戚」が在宅療養をしていると聞きつけて、「なぜ病院に連れて行かなかったのか」と責め立ててくるのです。

 

残念ながら、こうしたケースは少なくありません。自宅療養すると決めた過程や日常のケアの実状を知らない人ほど、身勝手にあれこれ口を出してくるのです。そのせいで、せっかく苦労して積み上げてきた環境がガラガラと崩れてしまうという悲しい現実をいくつか目にしてきました。

 

このような状況を防ぐためには、何か意見のありそうなご親族やステークホルダーを事前にしっかり把握しておく必要があります。私もご家族には「遠い親戚などで、何かあったときに干渉してきそうな方はいらっしゃいますか?」と訊くようにしています。

 

たいていの場合、在宅医療に対する理解がほとんどないために、「家なんかじゃまっとうな医療が受けられるはずがない」とか、「放置しておくだけなんじゃないか」という非難が多いように思います。

 

しかし実際は、終末期において、在宅医療で受けられる医療は、病院で受ける医療とほとんど変わりありません。むしろ患者さんやご家族に寄り添った繊細なケアができるので、ご家族に日々の生活にかかる負担を引き受ける心積もりさえあれば、在宅医療で十分な医療が受けられることをお伝えしていくことで、ご理解いただけることもあります。

 

■最優先すべきは「当事者」

 

今の現状は、これまでにいろいろなことを考えて選択してきた結果です。

 

そして、その選択は、これまでの人生の経験と価値観の結果生み出された選択で、ひと言で説明できるものでもないですし、近しい家族でも意見の違いはあります。

 

先日、そろそろ亡くなりそうな患者さんの二人の息子さんと私で、点滴をするべきか否かという相談をしていました。

 

たまたま、長男さんは奥さまをがんで亡くされていて、人が亡くなる際のケアがどうあるべきかをよくご存じでした。そのため長男さんは点滴をしないことをご希望されていましたが、次男さんは、そうした経験がなく、「点滴をしない」という判断にとてもショックを受けたようでした。

 

ともに介護し、ケアの日常を見ている当事者のご家族の中でも意見の相違が生まれます。遠くにいる親戚であるなら、意見の相違は当然のことでしょう。

 

普段の状況を知らない人が垣間見ると、こうした繊細なケアの理解が得られないことは十分考えられます。無関係な人ではありませんから、締め出してしまうのではなく、できるだけ事前に説明して理解を得ておけるとよいでしょう。

 

ですが、最終的には、誰が何を言ってこようと、優先すべきはご本人と当事者であるご家族。そのことを忘れないようにしてください。

 

【期間限定オンライン開催/LIVE配信】
時間もお金も、自由に手に入れる!
1時間でわかる「医師だけ」のための投資セミナー ~不動産投資~
詳細はコチラ >>

在宅医療専門医
家庭医療専門医
緩和医療認定医

2000年東京女子医科大学卒業。国立病院機構東京医療センター総合内科、筑波大学附属病院総合診療科を経て、2012年8月より千葉市の在宅医療を担う向日葵ホームクリニックを継承。2017年11月より千葉県八千代市に移転し「向日葵クリニック」として新規開業。訪問看護ステーション「向日葵ナースステーション」、緩和ケアの専門施設「メディカルホームKuKuRu」を併設。緩和ケア・終末期医療に力をいれ、年間100人以上の患者の方の看取りに携わっている。病院、特別支援学校、高齢者の福祉施設などで、ミュージカルの上演をしているNPO法人キャトル・リーフも理事長として運営。著書に『「在宅死」という選択 納得できる最期のために』(大和書房)がある。

著者紹介

連載「在宅死」という選択で自分らしい生き方と逝き方を探る

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

中村 明澄

大和書房

コロナ禍を経て、人と人とのつながり方や死生観について、あらためて考えを巡らせている方も多いでしょう。 実際、病院では面会がほとんどできないため、自宅療養を希望する人が増えているという。 本書は、在宅医が終末期の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!