復調の「フィリピン株式市場」で出遅れ感…注目の「割安銘柄」 写真:PIXTA

コロナ禍からの回復が遅れていたフィリピンでも、徐々に明るい兆しが見えてきました。そのようななかでも出遅れ感が目立つ「割安銘柄」について、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

復調の市場で「株価の戻りが遅い」注目銘柄は?

\\11/6開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

世界の株式市場は、中国不動産大手恒大集団の経営危機や、FRBのテーパリング開始が近い米国政府のデフォルト問題、世界的なインフレ懸念等で神経質な展開となっています。このような状況下、フィリピンの株式市場は、外国人機関投資家がコロナ後のフィリピン経済を見据えて資金を移してきていて、比較的堅調です。

 

パンデミックが始まった2020年3月以降、フィリピン株総合指数(PSEi)は70%程度上昇し、節目の7000をうかがっているところです。このようなコロナ前水準に戻りつつあるフィリピン株式市場ですが、今週は、その中でも比較的株価の戻りが遅い、つまりまだ割安と考えられる企業・銘柄・セクターにスポットライトを当てて見ていきます。

タバコ、飲料を主力する「フィリピン10大財閥」のひとつ

最初は「LTグループ(LTG)」です。フィリピン10大財閥の一角の企業ですが、年初来では21.6%株価は下落しています。

 

「LTG」は財閥ですので、傘下に様々なビジネスを保有しています。その一つがタバコ事業で、日本の「JT」とも提携している事業です。コロナによる失業や給与減により、趣向品であるタバコの需要は大きく落ち込みました。

 

また、「アジア・ブルワリー」という飲料事業を展開しています。こちらは、日本の「アサヒビール」と提携しています。それ以外にも「TIGER」「Henieken」などの海外の有名ビールメーカーと提携しています。コロナ禍の節約志向で割高な輸入アルコールが敬遠され、国産のサンミゲルに流れたようです。

 

アルコール以外には、「Absolute」や「Summit」などのブランドでミネラルウォーターを生産、販売したり、ベトナムから輸入したビタミンミルクなども扱ったりと、国内では「サンミゲル社」に次ぐ大きな飲料メーカーです。コロナ禍でバーや飲食店が閉店したことも大きなダメージです。また、パンデミックのために、アルコール販売が制限されたことも響きました。ある意味コロナの影響を最も多く受けた企業の一つで、PER(株価収益率)はわずか3.7倍です。逆に配当利回りは7%と高配当です。

 

また、アナリストコンセンサスの「LTG」のターゲットプライスは約15ペソですが、現在の10ペソ程度なので、50%のアップサイドがあることになります。そう言った意味で、コロナ後の復活振れ幅も大きいことが期待されます。

不動産事業が主力の財閥企業も出遅れ感

次に取り上げるのは、「アライアンス・グローバル社(AGI)」です。こちらも10大財閥の一角をしめる企業で、フィリピンの有名実業家アンドリュー・タン氏がオーナーです。主なビジネスが、メガワールドという不動産ディベロッパーです。また、最近シンガポールにも株式上場した「エンペラドール」というブランデーやウィスキーなどハードリカーのメーカーが傘下にあります。

 

不動産事業としては、マニラ国際空港近くにある「カジノホテル・リゾート・ワールド」の運営があります。当然のことながら、海外からの観光客をターゲットとするカジノビジネスは、大きな打撃を受けています。 また、マニラ中心部BGCに「アップタウン・モール」というショッピンモールを開発・運営していますが、こちらもコロナも影響をまともに受けました。

 

また、ケソン市のイーストウッドやマニラ市のマッキンリーヒルなどで高級住宅地の開発も行っていて、こちらもある程度マイナスの影響を受けました。一方で、オフィス事業はフィリピンのBPOに対する世界からの根強い需要があり、コロナ禍でも堅調に推移しています。

 

同社のアナリストコンセンサス適正株価は13ペソで、現在の株価が10ペソ程度ですから、30%程度のアップサイドが期待できます。PERも6倍なので、割安と言えるでしょう。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、!一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧