拡大する「フィリピン株式市場」…今、注目すべき「IPO企業」 写真:PIXTA

IPOによって市場の活性化を推進しているフィリピン株式市場。一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏が、注目の「フィリピンIPO」について解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

フィリピン株式に投資するメリット

\\11/6開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

フィリピンに限らず、新興国への投資に興味をお持ちの方は、国レベルでのマクロ的な成長が長期的に見込まれる点に魅力を感じることが多いでしょう。よくいわれることですが、かつての日本の高度成長期のような状況になっている、あるいはなるであろう国に投資をしておけば、短期的には上げ下げの波はあるにしても、長期的には大きく資産を増やせる可能性が高いことは明らかです。基本的には、現在の日本のような低成長かつレッドオーシャンの国で投資をするよりも、フィリピンは利益を得やすいブルーオーシャンであると考えています。

 

ただし、新興国であるがゆえのリスクはありますし、また(現地から見て)外国人であることから、さまざまな制度上の制限もあります。それらについては、やはり現地をよく知り、目利きの力があるアドバイザーや仲介業者から情報を得ることが重要です。

 

世界の国々のなかで、ASEAN諸国は日本から近いことからもあり、日本人になじみ深い新興諸国エリアです。そしてASEAN諸国のなかでも、フィリピンはとりわけ投資に有望な国だと考えられます。その理由のひとつに、人口が約1億600万人と、インドネシアに次ぐ多さであり、かつ若年になるほど人口が多くなる、きれいな「ピラミッド型」の人口構成であることがあります。国全体の平均年齢が24歳と若く、まさに若者の国です。そのため、将来にわたって労働力人口が増え続ける、いわゆる人口ボーナス期が続きます。これは投資対象としての大きな魅力です。

最新「フィリピンIPO」…注目の企業4選

\\11/6開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

フィリピン証券取引所は、上場会社数を現在の272社から設立88周年に合わせて888社まで拡大させるアグレッシブなプランを発表しました。特にSMEボードと呼ばれる中小企業向けの新興市場を活性化していく方針です。これからIPO市場が活性化してくるわけですが、そこで今年予想されているフィリピンのIPO企業を紹介します。

 

最初は「National Grid Corporation of the Philippines」。送電会社です。主要な株主は中国の「国家電網公司」で、中国の強力な資本がバックにあります。またフィリピン最大財閥の一角「SMグループ」の「SYファミリー」も出資していますので、強力な資金の裏付けのある会社です。

 

フィリピン全土で21,000km以上の回線と20,000本の送電用鉄塔、140カ所の変電所を運営している国内最大級の送電事業者で、すでに10年の実績があります。予想時価総額は、約480億ペソでフィリピン史上過去最大級のIPOとなる予定です。

 

フィリピンは人口が現在の1億1000万人から1億5000万人に増加し、堅調な経済成長もしていく国ですので、電力需要は益々増加していきます。そういった意味では、フィリピンの電力需要を担うインフラ企業は、大きな成長性を秘めていると考えられます。

 

次に「Asian Mergers and Acquisitions Link」です。「日本M&Aセンター」のようなM&Aアドバイザリーの会社で、日本人が創業した会社として、注目されています。SMEボードという新興市場に上場する予定です。時価総額は2億6000万ペソ(5億7000万円)と小型銘柄ですが、IPOで調達した資金で、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシアという成長する東南アジア市場を幅広くカバーする形で、多くのM&A案件をディールメークしていくということなので、期待したい銘柄です。

 

「Asian Medilines Distributors, Inc」は医療機器商社で、がんの治療機器をドイツから輸入し販売します。ビジネスモデル的にはあまり面白みがないのですが、競合が少ない市場と言われていることと、オーナーがフィリピン有数の大富豪「Villarファミリー」ということで注目されています。時価総額は約20億ペソ(44億円)となる予定です。

 

最後に小売チェーンの「All Day Mart社」です。この会社も「Villarファミリー」がオーナーです。店舗形態は、食品スーパーとドラッグストアを組み合わせたようなスタイルになります。現在フィリピン国内に33店舗を展開しています。時価総額が60億ペソ(132億ペソ)規模になる予定です。昨年上場から3日間ストップ高を記録した食品スーパーチェーン「Merry Mart社」のIPOを思い出しますが、人口が1億人超えで、さらに1億5000万人にまで増加していくフィリピンでは、日本では想像できますが、こういった生活密着型のビジネスが伸びていきます。「Villarファミリー」は不動産事業も行っていますので、立地が命の小売業における出店地の確保などで、大きなシナジーが発揮できるものと見られています。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、!一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧