「事業計画書」を作成する際に「SDGs」を意識すべきなのか? (※写真はイメージです/PIXTA)

「持続可能な」という言葉がトレンドとなり、一人歩きしているようにも見える昨今。起業家や経営者は「事業計画」を立案する際に、やはりESGやSDGsの視点を取り入れる必要があるのでしょうか。※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】中小企業経営者が「ノンバンクから800万」借りるのは危険か?

事業計画書にSDGsに視点を入れる必要はあるか?

近年、ESG投資やSDGs対応が叫ばれるようになりました。ESGというのは、Environment(環境)、Society(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとったもので、企業活動において環境への配慮、社会的責任や社会貢献を視野に入れる、透明性と倫理観の高い企業統治を行うことが重視されるようになり、株式に投資をする投資家がそうした面での企業の対応を重視した銘柄選びをするようになっているということです。

 

主だった投資家がESG投資を行うようになると、そうした面を重視しない銘柄の株価が低迷するということにもなりかねませんので、企業側もESG面を重視した経営を行うようになりつつあります。

 

また、国連が提唱している持続的発展のための17の項目として、SDGsへの対応も求められるようになってきています。1.貧困をなくそう、2.飢餓をゼロにから始まり、17.パートナーシップで目標を達成しようまで17項目ありますが、このうち自社の事業に関係する項目について新たな取り組みを行ったり、一定の目標を設定したりする企業が増えています。

 

事業計画での対応方法としては、何段階かのレベルがあるかと思います。

 

レベル0:SDGsについては特に触れない

 

レベル1:マッピング…自社の取り組みとSDGsの項目との対応関係を公表するレベル

 

レベル2:新規施策あり…中期計画等で新たにSDGs関連で取り組む施策があるレベル。例えば、5.ジェンダー平等を実現しようということで、女性役員や管理職者を増やす等の取り組みを行う等です。

 

レベル3:分野別KPI設定…例えば、7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに に関連して、自社が消費するエネルギーに占めるクリーンエネルギーの比率について目標設定する等の取り組みがこれに相当します。

 

レベル4:重要経営課題に…例えば、使い捨て紙おむつを生産する会社が、ゴミを減らすために自社の製品がリサイクルできるようにする取り組みを行う等はこうした例でしょう。

 

レベル5:最優先…例えば、生産過程でCO2を大量に排出するメーカーが、次期中期経営計画でCO2排出削減を最優先経営課題に設定する等がこれに相当すると考えられます。

 

このように、ESG対応やSDGs対応のレベルはいろいろありますが、元々企業は周りの環境や社会があって成り立つ存在ですから、これから事業計画を立案する際には、こうした視点は欠かせないものとなるでしょう。

 

出所:外務省「「持続可能な開発目標」(SDGs) について」2019年1月
[図表1] 出所:外務省「「持続可能な開発目標」(SDGs) について」2019年1月

 

ポイント
事業計画書にはESG、SDGsの視点を忘れず

 

【期間限定オンライン開催/LIVE配信】
時間もお金も、自由に手に入れる!
1時間でわかる「医師だけ」のための投資セミナー ~不動産投資~
詳細はコチラ >>

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧