新型コロナ時代に勝つ「事業計画書」の書き方…3つのポイント (※写真はイメージです/PIXTA)

新型コロナウイルスの感染拡大によってリモートワークが普及し、日本人の働き方は大きく変化しました。こうした変化に対応すべく、事業計画にも新たな対策方法を追加する必要があります。具体的にはどのような内容なのでしょうか。※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】「事業計画書」を作成する際に「SDGs」を意識すべきなのか?

リモートワーク・テレワーク対応を織り込む

2020年はコロナ禍に対応して、人と人の接触を減らすためのリモートワークやテレワークが普及しました。それまでもIT関連企業が地方に事務所を設けてリモートワークを行うということ等は実験的に行われていたのですが、緊急事態宣言により世界中で対応が必要になりました。

 

筆者も、セミナーや研修、ワークショップ、コンサルティング、会議等をzoom等のツールを使って行うようになり、以下のようなメリット・デメリットがあることに気づきました。

 

一番のメリットは、わざわざ遠くまで行かなくても人とコミュニケーションがとれることです。筆者の場合、営業段階で四国の会社とリモートで打ち合わせをし、仕事が決まってから、初めて訪問したようなこともありました。特に国境が封鎖された世界では、海外の人たちとやり取りするにはWeb会議ツールを使わざるを得ません。

 

逆にこれをきっかけに、海外の人たちとも、日時さえ合わせればいつでも会議や打合せができるようになりました。

 

デメリットとしては、会って話をしないと通じにくいことや、イベント等みんなが集まることで盛り上がったり、感動を共有できたりする場が持ちにくくなったことです。

 

また、自宅での個人作業が中心になると、モチベーションが維持しにくかったり、相談する相手がいなくて孤立感を深めたりすることも起きやすくなります。リモートワークでうつ病を発症する人も増えています。人間は社会的動物ですから、人と接する機会が少なくなると、精神衛生上よくないのでしょう。リアルで会って話をする機会も織り交ぜて、仕事のスケジュールを組む必要があります。

 

ただ今後の事業計画を考えるとき、従業員や顧客や取引先がリモートワークを行っていることは、大きな前提条件として対応する必要があるでしょう。そのためのWeb会議ツール対応やクラウドサービス活用は必須となります。

 

 

ポイント

顧客・従業員・取引先のリモートワーク対応を前提に

 

【期間限定オンライン開催/LIVE配信】
時間もお金も、自由に手に入れる!
1時間でわかる「医師だけ」のための投資セミナー ~不動産投資~
詳細はコチラ >>

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧