東京ロータリークラブが始めた「米山基金」の真の目的とは? (※写真はイメージです/PIXTA)

高崎経済大学経済学部教授、さくらジャパン税理士法人の税理士である田中久夫氏の著書『ロータリークラブに入ろう!』より一部を抜粋・再編集し、知られざる「ロータリークラブ」の魅力について解説する。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

日本ロータリー「米山記念奨学事業」の実際

日本のロータリーが誇るべき事業に、ロータリー米山記念奨学事業というのがある。「公益財団法人ロータリー米山記念奨学会」と日本のロータリーが協同して行う奨学事業だ。この制度ができてすでに七〇年が経とうとしている。

 

この事業の着想となったのが、日本のロータリーの創始者である故・米山梅吉翁の生前の功績を讃えて、東京ロータリークラブが始めた「米山基金」だ。奨学金給付の対象になるのは、訪日した私費外国人留学生に限られている。僕らは、彼らが将来有為の人材に育ち、いずれは日本と母国との平和の懸け橋になって、国際親善や国際平和に貢献してくれることを期待している。

 

具体的には、彼らに一年または二年の間、返還不要の奨学金(大学学部学生には月額10万円、大学院学生には月額14万円)を支給する。

 

その対象者は年間約850人、年間に支給する奨学金の総額は約15億円という規模で、民間団体による国際奨学事業では国内最大級を誇る。これまでにこの恩恵を受けた留学生はおよそ2万2000人、その出身国は世界中の約130ヶ国に及んでいる。特徴的なのは、その事業費のすべて(ロータリアンと彼らの関連する企業からの寄付金収入、奨学会に贈与された株式等から発生する配当金、預金等の利息など)が日本のロータリアンの寄付によってまかなわれていることだ。

 

そのため、ロータリアンはこの事業の維持のために1年間、1人当たり最低1万6000円以上の寄付が必要になる(日本のロータリアンが9万人の場合を想定)。

 

もちろん支出した寄付金には、税制上の各種特典も認められている。この事業については、以下のような特徴がある。

 

①日本のロータリークラブは約二二五〇あるが、その中の約八五〇のクラブが割り当てられた留学生の支援を担当する。このクラブを「世話クラブ」という。

②世話クラブでは、受け入れた留学生の相談役となる会員を決め、その会員は一年または二年間、その役を務めることになる。このロータリアンを「カウンセラー」という。

③米山奨学生であった留学生は、大学、大学院を卒業後は「学友会」(国内に33ヶ所、国外に9ヶ所:台湾、韓国、中国、タイ、ネパール、モンゴル、スリランカ、マレーシア、ミャンマー)という組織に入り後輩の支援をする。の学友会がある。

奨学金候補者決定から給付までの流れ

僕は、これまで地区の米山記念奨学委員会委員長を三年間務めたことがある。いわゆる「米山」(ロータリアンはこの事業をこう略称する)を知るいい機会になった。

 

米山は、ロータリーの行う事業のなかで最も分かり易い事業だと思う。事業の内容は簡単だ。ⅰ私費、ⅱ外国人、ⅲ留学生という基礎資格を前提に、ⅳ前年度の地区の寄付総額で決まる奨学生数(年間約850人の奨学生の配分は地区全体の前年度の寄付額実績を第一の基準とする)、ⅴ指定校制度(地区内の留学生を抱える各大学に対し、地区から次年度の奨学生の推薦枠を伝えて、各大学はその範囲内で学内の被推薦留学生を決定する)、ⅵ地区米山委員会による選考(書類選考と面接選考)の構成の中から、次年度の奨学生が決定する。

 

その後は、地区内のどこのクラブに世話クラブになってもらうか、その中のどの会員にカウンセラーになってもらうかを、自薦他薦を交えて選考する。クラブ側からもどの奨学生がいいか、国別、性別、大学別などの希望が提示され、いくつかの組み合わせの中からベスト・マッチングが決定していく。

 

四月の新学年度から、実際の奨学金給付が開始する。奨学生たちは毎月、世話クラブの第一例会に出席し、例会時間中に会員に対し近況報告をして、その月の奨学金を受け取る。この一時間でクラブ会員との交流が生まれ、その後さまざまなクラブ行事に参加して、母国と日本との文化や慣習の違いを体験していく。

 

日本のお父さん・お母さんに相当するカウンセラーとの交流も濃密だ。休日には、近くの観光地にカウンセラーの家族と行楽に出かける。食事会に呼ばれ日本の食事を楽しむ。進学や就職の相談をすればカウンセラーは真摯にそれに応え、クラブのメンバーや地区の米山委員と一緒にそれに対応する。まさに一人の子供の親代わりのような存在になる。

 

卒業後、彼らは学友会に所属し、相互の連絡を続けながら交流は継続する。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ロータリークラブに入ろう!』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧