広すぎる家を持て余すと「ゴミ屋敷化」することも…現役医師が体感「住みよいサ高住」の条件

医療法人社団鈴木内科医院理事長兼院長、鈴木岳氏の著書『安らぎのある終の住処づくりをめざして』より一部を抜粋・再編集し、鈴木氏の経験を元に、「入居者にとって快適なサービス付き高齢者住宅」について考察していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

最後まで住み続けられる「老人ホーム」の条件は?

最後まで住み続けられる「高齢者住宅」には医療、看護、介護の支えが身近にあるのは必須条件です。高齢者の中でもとりわけ、疾病や障害を患い、余生を過ごさなくてはならない方々を年余に渡り、住んでいただく集合住宅の住環境はどうしたらいいのでしょう?

 

私は自分の旅の経験、放浪の体験から人や自然と触れ合えること、一方で一人でゆっくり思索できる空間が非常に大事だと考えました。老いて、体が効かなくなっても頭は動きます。私にとって思索ができる環境とは、自然の中でゆっくり過ごせること、一人になれる空間のあることでした。

 

海外生活中に医療のこと、介護のこと、これからの人生のことなど、いまに続く多くのアイデアを確立したのは自然散策であったり、一人でアパートの図書室に閉じこもったりした時間だったのです。

 

他方で、孤独を紛らわせる人的交流を保てることも必須です。お互いの考えを交わらせる社交が保てないとつまらないです。社交は面倒である一方で、人が人らしくあるためには必要です。ですので、社交が生まれる空間と逃げられる空間。その二つが必要です。

介護される側の本音は、必ずしも在宅一辺倒ではない

在宅介護が盛んだとされるスウェーデンでも、介護される側の本音は必ずしも在宅一辺倒ではありません。ダーラナ地方を旅した時に、お世話になったチュルさんと老人ホームの話をした際のこと。チュルさんは年老いた独居の親御さんを時々訪問してお世話をしていました。

 

「この頃は本当に施設入所ができなくなった。いよいよ動けなくなるまで入れてもらえないんだ。身寄りが誰もいなくなった自宅に一人で住むって寂しいもんだよ」

 

慣れ親しんだ家に住まい続けるって理想のように思っていました。けれど、「慣れ親しんだ家」「我が家」の環境ってのは家族がいてこそなんですね。

 

慣れ親しんだ空間だけが残っていてもそれはもはや「我が家」の幻影。そこに一人住んでも寂しさだけが募るものだと思います。それでもまだ、慣れ親しんだご近所さんとの関係が強ければ「我が家」の環境は保たれます。それが希薄になった時、新しい家族ないしご近所さんを求めて住みかえるのは悪くないと思います。その際に継続性も大事ですから、使い慣れた家財を持っていくと馴染みやすいです。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『安らぎのある終の住処づくりをめざして』より一部を抜粋し、再編集したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧