「内縁の妻へ財産を」に2人の娘は…遺言書が招く相続トラブル【行政書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

妻に先立たれた後、ある女性と20年以上、夫婦同然の生活をしていた丙野春夫さん。財産を、前妻との間の2人の子供へ相続、内縁の妻へ遺贈する遺言書を作成しましたが、そこには重大な漏れがありました。遺言書を作成する際の注意点を、行政書士の山田和美氏が解説します。※本連載は、書籍『「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

相続人ではない「内縁の妻」への遺贈を含む遺言書

* * * * *

【遺言書】

 

遺言者、丙野春夫は、次のとおり遺言する。

 

1、私のA銀行岐阜支店口座番号0123456の普通預金のうち、金800万円は、乙野夏子(岐阜県XXX市XXX二丁目二番地コーポ岐阜101号室)に遺贈する。

 

2、前条に記載の普通預金のうち、金400万円は、私の長女甲野秋子に相続させる。

 

3、第一条に記載の普通預金のうち、上記に記載のない部分は、私の二女、丙川冬美に相続させる。

 

4、前条までに記載のない財産はすべて、前記 乙野夏子に遺贈する。

 

XXXX年XX月XX日

 

岐阜県XXX市XXX2丁目2番地コーポ岐阜101号室 丙野春夫(印)

* * * * *

 

※ 1~4、すべて、この内容を実現する責任者がよくわかりません。特に1と4は相続人ではない者への遺贈なので、注意が必要です。

 

【本記事のポイント】

●内縁の妻など、相続人ではない人への遺贈には特に配慮が必要。公正証書で作成し、信頼できる遺言執行者も選任しておく

●遺言執行者の指定とともに「権限の記載」も入れておくと安心

足の調子が悪い内縁の妻のため、自筆証書遺言を作成

丙野春夫さんは妻に早くに先立たれた後、ある女性と20年以上、夫婦同然の生活をしています。今さら籍を入れる必要もないと考え、内縁関係です。

 

春夫さんには2人の娘がいますが、彼女たちが成人し家を出た後で春夫さんと同居を始めた内縁の妻と娘たちとは親子という感覚もなく、面識もほぼありません。

 

内縁の妻は数年前から足の調子が悪く、ほぼ自宅から出られない状態なので、春夫さんは、自分の亡き後、彼女が生活に困ることのないよう、インターネットで調べて前ページのような自筆証書遺言を作成しました。

なごみ行政書士事務所・なごみ相続サポートセンター(愛知県東海市)所長 行政書士

1986年生まれ。愛知県稲沢市出身。
大学在学中に行政書士、CFP資格を取得。

大学卒業後、名南コンサルティングネットワーク内名南司法書士法人に入社し、相続手続きを専門的に担う部署に所属。
その後、名南税理士法人に転籍し、主に事業承継サポートを担当。

2014年に独立。なごみ行政書士事務所及びなごみ相続サポートセンターを開業。
相続案件や遺言作成サポート案件を中心に業務を受注し、相続セミナーやコンサルティングなどに積極的に取り組む。相続に関する相談件数は年平均100件超。

著者紹介

連載家族の「争いのもとになる遺言書」を書かないために

残念な実例が教えてくれる 「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方

残念な実例が教えてくれる 「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方

山田 和美

日本実業出版社

昨今の終活ブーム、エンディングノートブームの影響で、 ・そもそも法律要件を満たしていないので効力がない ・遺族がもめやすい検討事項がまったく解決されていない ・相続税は抑制されたようだけど、これでは家族の溝を深…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧