かっぱ橋道具屋が「安売り戦争」…お客ではなく急増したのは?

飯田屋は100年以上続く老舗の料理道具専門店です。「売れないは他店より高いから」と考えた6代目店主は他店の価格調査を行い、安売り戦争に突入していった。しかし、お客は増えず、増えたのは…。本連載は飯田結太氏の著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

値段が高いから商品が売れない確信は

■いざ、安売り戦争に参戦!

 

「もっと安くならない?」
「なぁ、少し勉強できない?」

 

問屋街といわれるかっぱ橋道具街では、日常的に値切り交渉や相見積もりが行われます。そんな道具街にあって、100店舗以上の同業社の中からどうしたら飯田屋を選んでもらえるか、僕はいつも頭を悩ませていました。

 

あるとき、ご来店くださるプロの料理人たちがみんな、片手に小さなメモ帳を持っていることに気がつきました。商品を手にとって価格を見てはメモ帳に書き込み、ぐるりと店内をひと回り物色すると、次の店へと足を運んでいきました。1円でも安く購入できる店を探しているのです。

 

誰だって安く買いたいに決まっています。問題は、メモをとって店を後にした方が誰一人として飯田屋に戻ってこないという現実です。

 

かっぱ橋道具街がかつての活気を失っていたとはいえ、相変わらずお客様でにぎわう繁盛店はあります。一方で飯田屋からは客足が遠のき、経営の危機に瀕しています。

 

「この違いはいったいなんなのだろうか?」

 

ずっと抱いていた悩みの解決策が見えてきました。飯田屋が選ばれない理由、それは価格で他店に負けているからだと確信したのです。

 

「飯田屋はどこよりも安いと思っていただければ、お客様は必ずうちで買ってくれる。これからは、どの店よりも1円でも安く販売しよう!」

 

そう決意すると、まずは他店の販売価格を知る必要がありました。

 

>>>【画像】創業100年「飯田屋」厳選の料理道具たち<<<

 

長年勤める従業員たちは誰一人として、「他店の価格調査なんて久しくしていない」と言います。「なぜ、こんな簡単なことすらしてこなかったんだ! だから売上が上がらないんだよ!」と怒りながら、メモ帳を片手に店舗を回りはじめました。

 

最初の1軒目、まずは店頭の商品の価格をメモし、次に店内に入って目につくものの価格を調査していきました。

 

「これは飯田屋のほうが安いな。……でも、こっちは飯田屋のほうが高いな」

 

棚の上から順に価格をメモしていると、店の奥から「おまえ! 飯田屋のせがれだろう。同業者はうちの店に入ってくるな!」と、怒鳴り声をいきなり浴びせかけられたのです。

 

同業者どうしの暗黙のルールとして、価格調査はタブーだったのです。実際に店頭に大きく「同業者入店お断り」と看板を立てている店も少なくありません。

 

飯田屋の従業員たちはそのルールを熟知しており、近隣の店とトラブルにならないために価格調査をしていなかったのだと、後で知ります。僕は基本的なルールすらも知らないまったくの素人でした。

とはいえ、価格調査をやめるわけにはいきません。「かっぱ橋でいちばん安い店にしなければ、飯田屋に明日はない」と僕は思い込んでいました。

 

メモを持っていて目立つなら、価格調査をしていることがばれなければいいのです。すぐに思いつきました。ICレコーダーです。

 

さっそく隣町の秋葉原にある家電量販店で大容量のICレコーダーを購入すると、ニット帽に色つき眼鏡で顔を隠し、携帯電話で会話しているふりをしながら価格を読み上げて録音。店に戻って録音した価格をメモしていきました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】10/30開催
空き家再生×最低家賃で「利回り20%」を実現!
「ダイヤモンド空き家投資」最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

株式会社飯田代表取締役社長

大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス!」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

著者紹介

連載浅草かっぱ橋商店街で営業方針は「売るな」で大繁盛

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

飯田 結太

プレジデント社

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた。 ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」──型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成。 廃業の危機に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧