新時代の資金調達手段…仕事の受発注を基にする「POファイナンス」とは

中小企業にとって「資金繰り」は常に付きまとう経営課題といえますが、新型コロナウイルスの影響が続く現在、一層切実な問題となっています。そこで注目すべきは、仕事の「受発注」を担保に資金調達が可能な「POファイナンス」です。当サービスのプラットフォームを提供する、Tranzax株式会社代表の大塚博之氏に話を聞きます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

案件に紐づいた受発注時点でのファイナンス

POファイナンスのポイント

 

■売り手と買い手の2社間での厳しい条件交渉から、金融機関を介した3社間での取引条件交渉の円滑化へ。
■手形やファクタリングより早い、受発注時点での担保融資が可能に。

 

POファイナンスとは、受発注(=Purchase Order)に基づく資金調達を行うというもので、主にアメリカで発展してきた商流に基づくファイナンス手法です。

 

仕事を受注して売上が入金されるまでにかかる、案件に紐づいた外注費・人件費・材料費などを支払う前に円滑に資金調達することを目的としています。アメリカではすでに資金調達手段として一般的に活用されています。

 

一方、日本では納品・検収後の確定債権である手形やファクタリングはありますが、案件に紐づいた受発注時点でのファイナンスはこれまでほとんど行われてきませんでした。

 

個別の取引では大きな受発注であればあるほど、前渡金や分割検収・分割払いが必要であったり、厳しい取引条件交渉が行われ、時に取引が成立しないこともあるでしょう。

 

POファイナンスは、売り手、買い手、金融機関をインターネット上でつなぎ、受発注を担保にすることができるシステムインフラです。受発注情報の電子登記所、あるいは公証人役場のような役割を果たします。

 

これにより、金融機関が受発注時点から案件に紐づいた融資を行いやすくなります。また、2社間での商取引に金融機関を介在させることができれば、取引にかかるキャッシュフローの最適化や商取引の改善など、様々な効果が期待できます。

 

[図表1]概略図
[図表1]概略図

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

Tranzax株式会社 代表取締役社長

1962年生。大手証券会社を経て2018年4月Tranzax㈱入社。2018年12月より代表取締役社長。

著者紹介

連載事業再構築補助金申請会社の社長必見!資金繰りに悩まない補助金活用の新スキーム「POファイナンス」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧