新時代の資金調達手段「POファイナンス」の活用方法

国が予算1兆円を投じて成立させた「事業再構築補助金」。いざ補助金を申請しても、入金されるまでに期間を要するため、経営者は申請から入金までの時期の資金繰りに頭を悩ませます。そのような課題を解決すると期待される「補助金対応POファイナンス」について、当サービスを提供するTranzax株式会社代表の大塚博之氏が講師を務めたセミナーを基に、全2回で紹介します。後編となる今回は、POファイナンスの特徴や具体的な活用方法を見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

POファイナンスの特徴およびメリット

[図表1]POファイナンスのスキーム
[図表1]POファイナンスのスキーム

 

[図表1]は、POファイナンスの融資のスキームを左から右に時系列で表したものです。

 

POファイナンスの特徴として、利用者はPOファイナンスの利用申込をするだけで、電子記録債権に関するPC操作は必要ありません。また、融資に際しては、金融機関の審査があります。

 

POファイナンスを使うことで、交付決定後、速やかに、経費支払いのためのつなぎ融資が受けられるPOファイナンスは、一括返済方式の短期融資なので、毎月の返済のための面倒な資金管理が不要です。また、金融機関も、資金回収が楽なので、融資しやすくなります。

 

POファイナンスは、次のような事情を抱える事業者にとって有効と考えます。

 

1.担保がなくて融資が受けられない
2.金融機関から長期融資を進められたが、資金管理が面倒なので一括返済の短期融資を希望している
3.ベンチャー企業など業歴の浅い企業で、財務諸表や資金管理表が十分そろっていない
4.財務的には資本増強が望ましいと判断しているケースでも、増資では時間的に間に合わないと考えている
5.金融機関との取引が新規の場合

 

Tranzax株式会社 代表取締役社長

1962年生。大手証券会社を経て2018年4月Tranzax㈱入社。2018年12月より代表取締役社長。

著者紹介

連載事業再構築補助金申請会社の社長必見!資金繰りに悩まない補助金活用の新スキーム「POファイナンス」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!