9割の人ができない…「ビジョン先行型の事業計画書」の書き方 (※写真はイメージです/PIXTA)

良い事業計画書とはどんなものでしょうか。見やすいことはもちろんですが内容に説得力を持たせることを忘れてはいけません。説得力を持たせるために必要な要素と発想方法をポイント別に解説します。※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】「事業計画書」はどう書けばいいか?…既存・新規別「目次例」

事業計画書作成に必要な発想方法

一般に人の発想方法には、現状分析先行型とビジョン先行型という2つの対照的な発想方法があります。

 

現状分析先行型(英語でフォーキャスティング型といいます)は、まず現状を分析して、改善可能な点を抽出し、その改善を実施したら、これだけの目標が達成できるといういわゆる「積み上げ型」の発想方法です。この方法は、10人が10人、100人が100人誰でもできる方法です。その点分りやすくていいのですが、改善程度に留まり、志や目標が低くなりがちです。

 

一方、ビジョン先行型(英語でバックキャスティング型といいます)は、現状は一旦置いておいて、望ましい将来像を先に考えます。このため強い想いや高い志を反映して、目標が高くなります。ベンチャーで成功を収めた人や創業経営者などは、みなこの発想方法を取っています。

 

ただ、通常この発想方法ができるのは1割以下の人で、誰でもできるわけではないので、注意が必要です。慣れない人が、ビジョンや目標を設定する時にだけこの方法を使って、実行時になると積み上げ型となり、単なる夢物語を語っているに過ぎなくなってしまうことがあります。

 

ただこの発想方法が実際にできている人は、後天的に身に付けた人が多いので、現在できない人でも、身につけられる可能性があります。

 

事業計画書を作るのにどちらの発想方法を使ったらいいかということですが、求められる状況により、また責任者のタイプによって異なります。

 

まず状況からいくと、周りの環境や内部の状況から「改善」程度で済まされる場合は、フォーキャスティング発想で構いません。現実を見ながら、徐々に改善していけばよいわけです。また、社員やメンバーの人たちが誰もが馴染んでいる発想方法なので、付いてきてもらいやすいです。

 

一方、周りの環境や内部の状況が改善では済まされなくて、大きな改革やドラスチックな変革が必要な場合や、新規事業を起こす必要がある場合には、バックキャスティング型が必要です。ただ、一般の社員の発想方法との間にギャップがあるので、無理なことを要求されていると思われ、軋轢を生みやすくなります。

 

求められる状況と組織の責任者の発想が異なる場合には、発想を変えてもらうか、交代してもらう必要が出てくるかもしれません。

 

[図表1]

 

ポイント
求められる状況によって必要な発想方法が異なる

 

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧