「サ高住」の推進につながる「地域包括ケアシステム」とは?

前回は、損益通算による節税額の具体例と、社会的ニーズが高まるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について説明しました。今回は、サ高住の推進につながる「地域包括ケアシステム」などについて見ていきます。

高齢者が5つのサービスを一括で受けられる支援体制

2012年にサ高住に係る介護保険法と老人福祉法の改正がありました。この改正でもっとも注目すべきは、「地域包括ケアシステム」の推進です。

 

地域包括ケアシステムはご存じの通り、介護が必要になった高齢者が住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるように「医療・介護・介護予防・生活支援・住まい」の5つのサービスを一括的に受けられる支援体制のことです。

 

65歳以上の人口は現在3000万人を超えており、国民の約4人に1人となっています。厚生労働省は、2042年にはピークを迎え約3900万人となり、その後も75歳以上の人口割合は増加し続けると推計しています。

 

約800万人の団塊の世代が75歳となる2025年以降は、国民の医療や介護の需要がより増えていくことは、容易に予想されます。そのため国は地域包括ケアシステムの推進を決定したわけです。

 

国は30分以内に必要なサービスが提供できる環境を目指していますが、スムーズな在宅介護を行うには、今のところ「高齢者向け住宅」が不足しています。たとえ大病を患っている高齢者でも在宅で暮らせるような住宅が求められています。

 

このような住宅では、利用者のニーズに合わせて適切なサービスを提供できること、さらに入院、退院、在宅医療といったように状況が変化しても利用者一人ひとりをよく理解したサービスが提供できることが重要になります。

 

今後の課題は、「医療・介護・介護予防・生活支援・住まい」の5つのサービスを円滑に提供できる体制づくりと医師や介護士など専門職とのスムーズな連携です。この課題がクリアされれば、入院した高齢者が早く退院し、住み慣れた自宅で生活できるようになるはずです。

医師が運営する質の高い「サ高住」が求められる時代に

地域包括ケアシステムの「医療・介護・介護予防・生活支援・住まい」の5つのサービスは、

 

①医療との連携強化

②介護サービスの充実

③予防の推進

④見守り、配食、買い物などの生活支援サービス

⑤高齢者にとって快適な住まいの整備

 

を指していますが、これは私からすれば、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」の推進ともいえます。

 

同時によりレベルの高いサービスが求められていくとも理解できます。たとえば24時間対応の定期巡回、随時対応サービスなど、要介護高齢者の在宅生活を支援するため、昼夜を問わず訪問介護と訪問看護を連携させながらの対応を行う必要があります。

 

それには介護する側と看護する側、そして地域医療機関とのスムーズな連携が必須です。そう簡単なことではありませんが、その中心に皆さんのような医師の方々が、「サ高住」のオーナーとして指揮を執り、さらにデイサービスなどの介護施設を併設していくなどで、質の高いサービスを実現できる可能性は高くなるのではないでしょうか。

 

今のまま病院に長期入院する高齢者が増えれば、必要な治療を受けられない人が増えていく一方です。また、日常生活に支援や介護が必要な認知症高齢者も2010年の280万人から2025年には470万人と増加すると見られています。高齢者がたとえ認知症や慢性疾患となっても地域で暮らせる仕組みづくりは日本にとって必要不可欠でしょう。

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

【医師限定】不動産投資セミナー:https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5f20c5757765611528000000

著者紹介

連載忙しい医師のための賢い資産形成術

本連載は、2015年1月30日刊行の書籍『資産10億円を実現する医師のための収益物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術

資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

旧来の医療体制が瓦解し始めた今、医師たち一人ひとりに求められているのは勤め先の病院に頼らない、自らの開業をも見据えた確固たる基盤づくりであり、なかでも最も重要なのは資産形成である。資産形成にはさまざまな方法があ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧