デフォルトする中国企業…「高すぎる格付け」の問題と政策対応

中国経済がコロナの影響からいち早い脱却を見せる一方、中国企業のデフォルトが止まらない。企業の格付け分布の実態把握は困難ではあるものの、その約半数が債券発行時にAA以上の格付けを取得しているなど、総じて高格付けだ。なぜこのような事態に陥っているのか、実情を探る。本稿は筆者が個人的にまとめた分析・見解である。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「偏高」と「虚高」で高格付け債券デフォルト急増中

デフォルト企業の格付け分布については様々な断片的データがあり、正確な実態は把握し難い。例えば(図表1〜3)の計数には整合性がなく、『中国経済、コロナから一足早く回復も「デフォルト急増」の苦悩』で掲げたデフォルト総本数・金額ともかなりのかい離がある。これは主に以下のような要因によると考えられる。

 

①対象範囲の違い。特に私募債や金融債、CPや中期手形を含むか。

②デフォルト認定基準の違い。例えば償還繰り延べの扱い。

③どの時点での格付けでみているのか。発行時か、デフォルト時か。例えば、(図表3)は現存するデフォルト債券の現在の格付けであるので、デフォルト直前、あるいはその後の格下げが反映されていることから、当然ながらC級格付けが多い。

④同一発行体の2回目以降のデフォルトをカウントしているか。

⑤同一発行体が複数の格付けを取得している場合(後述)の扱い。

⑥国有企業には地方政府融資平台が含まれているのか。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ただいずれのデータでも、デフォルト企業の約半分が債券発行時にAA以上の格付けを取得しており、総じて高格付け企業が多い。社会科学院系列の国家金融発展実験室(NIFD)によると、AAAのデフォルトは2018年に初めて発生したが、同年のAAAデフォルトシェア14%に対し2020年は49%に上昇し、AA+以上は全体の81%を占めた(金額ベース。2021年1月14日付NIFD研究評論)。

 

ただし、2020年デフォルト総本数・金額は2月4日付研究評論では132本→166本、1341億元→1900億元強に上方修正されており、これらの比率も変わっている可能性がある。

 

期間:2014年〜2020年10月 出所:2020年10月27日付新浪財経
[図表1]デフォルトの格付け分布表 期間:2014年〜2020年10月
出所:2020年10月27日付新浪財経

 

期間:2014年〜2020年11月19日 出所:2020年11月経済観察報掲載の中欧国際工商学院(中国政府とEUが共同で上海に設立したビジネススクール)論稿
[図表2]デフォルトの格付け分布表 期間:2014年〜2020年11月19日
出所:2020年11月経済観察報掲載の中欧国際工商学院(中国政府とEUが共同で上海に設立したビジネススクール)論稿

 

 出所:復旦発展研究院金融研究中心、2021年5月6日付論文
[図表3]現存デフォルト債券の格付け分布出所:復旦発展研究院金融研究中心、2021年5月6日付論文

 

1976年、大蔵省入省。1990年、アジア開発銀行理事代理、2000年、香港理工大学中国商業センター客員研究員。2003年、アジア開発銀行研究所総務部長、2006年以降、財務省神戸税関長、財務省財務総合政策研究所次長、財務省大臣官房政策評価審議官、2010年から大和総研常務理事等の要職を歴任。 2015年、NWB(日本ウェルス)の独立取締役に就任。一橋大学卒。香港中文大学普通話課程修了。

著者紹介

連載コロナ禍から回復の中国経済が背負う「中国債券デフォルト」の危機

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧