21歳の家出女性が家賃滞納「言えなかった。」司法書士に明かした“複雑な真実”

「家賃滞納は普通の人が堕ちる破滅への入り口である。」……2500件以上の家賃滞納トラブルを解決してきた、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏。同氏は書籍『家賃滞納という貧困』(ポプラ社)のなかで、その悲惨な実態を明かしている。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

入居直後に家賃滞納を始めた21歳女性…尋ねてみると

最近、若年層の家賃滞納が非常に増えています。その原因の多くは、経済的基盤がなくても、部屋が簡単に借りられてしまうことではないでしょうか。

 

年金代わりにと不動産投資をしたり、相続税対策でアパート経営に乗り出したりする家主が増えたことで、物件数は飛躍的に伸びています。そうして借り手市場となった不動産業界において、家賃保証会社の台頭により、連帯保証人なくして部屋を借りられるようになったことは、「部屋を借りる」ことのハードルを下げたのでしょう。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

山本加奈さん(21歳)は、すでに4カ月も家賃を滞納していました。しかも、滞納は部屋を借りた直後から始まり、その額は30万円を超えています。このようなケースは、そもそも収入がないのが原因であることが大半です。おそらく加奈さんの場合も、年齢から察するに安定した収入源がないのだろうと予想されました。

 

このままだと将来のある若者が、滞納という借金をどんどん積み重ねてしまうことになりますから、早急に手を打たねばなりません。可能であれば訴訟手続きで追い出すということはなんとか避けたいと考え、家主から相談を受けたあと、すぐに部屋を訪ねてみました。

 

大概の滞納者は居留守を使うので、現地に赴いても本人に会えることはほとんどありません。けれども、加奈さんはすぐにドアを開けてくれました。

 

入居申込書の職業欄にはキャバクラ勤務と書かれていましたが、どちらかというと地味な印象の加奈さんは、昼間で化粧をしていないせいか、実年齢よりもだいぶ幼く見えました。

 

そしてやはり、滞納の原因は収入の不足でした。思ったほど売り上げが上がっていないようです。この先、収入が増える保証もなさそうですし、これ以上、滞納という借金を積み重ねないためにもとりあえずここは退去して、一度実家に戻ってみてはどうかと促したのですが、それは嫌だと突っぱねるのです。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『家賃滞納という貧困』

家賃滞納という貧困

家賃滞納という貧困

太田垣 章子

ポプラ社

家賃滞納は普通の人が堕ちる破滅への入り口である。あなたも、明日陥るかもしれない!2200人以上の家賃滞納者と接した司法書士が明かす驚愕の実態!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧