家賃滞納100万円の高齢男性がどうしても転居したくない事情【司法書士の実録】

コロナ感染拡大の影響によってアルバイトの回数が減らされてしまい、家賃が払えなくなってしまった事例が相次いでいます。※本記事では、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏の書籍『不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方』(ポプラ社)から一部を抜粋・編集し、実際のトラブル事例を紹介していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「子どもとの唯一の繋がりなんです」と言うワケ

「ここにずっと住み続けたいです。滞納分は何とかお支払いしますから、このまま住まわせてください」

 

安住さんは、絶対に転居は嫌だと言います。その気持ちは分かりますが、滞納している以上仕方がありません。どうしてこの物件にこだわるのでしょう。他にも部屋はいっぱいあるはずです。私は安住さんの話を聞いてみることにしました。

 

****************************************************************

この地で生まれ育ったんですよ。他に行ったことがない。

 

結婚して子どもが生まれて、ここに引っ越してきました。家族の思い出がたくさん詰まってるんです。離婚して子どもは母親に連れられて出て行ってしまいましたが、いつか子どもが会いにきてくれるかもしれない。そう思ってるんですよ。私が引っ越ししてしまうと、もう二度と会えなくなってしまう気がするんです。子どもとはいえ、私の転居先をわざわざ探していくって、今の世の中では大変ですから。

 

年金はもらっています。でもそれじゃとても生活できないです。年金額は家賃くらいですから。生活費は、友達の会社でアルバイトさせてもらってるんです。それがコロナで止まっちゃって、だから払えなくなってしまって。

 

この年だとなかなか、働く場が見つけられないんです。こんなに健康で体力もあるのに。でもここに住みたいので、何とかがんばります!

 

家って、思いが詰まっていて。別れた子どもとの唯一の繫がりのような気がするんですよ。ただの生活の場だけじゃないんですよね……。

 

だから、だから絶対に出られないんです。

****************************************************************

 

安住さんの事情が分かりました。だから必死にこの家にこだわっていたのでしょう。ただ正直、今の年齢からすると、収入は下がることはあっても、上がることはありません。ましてこれから働けなくなったり、病気になったりしないこととの闘いです。

 

年金だけで生活できる余裕がない場合、とにかく生活保護の支給ラインである家賃帯の物件に引っ越すのがいちばん安全です。というのも多くの人が憧れるPPK(ピンピンコロリ)以外、年齢や体調不良で年金以外の収入はいつか減るからです。

 

そうなってから生活保護の申請をしようと思っても、今住んでいるところの家賃が高ければ申請が通りません。生活保護を受給しようと思えば、その段階で生活保護の基準に合う物件に引っ越さねばならないのです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載「不動産大異変」恐ろしすぎる家のトラブル

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

太田垣 章子

ポプラ社

著者は、20年にわたり2500件以上の不動産トラブルを扱ってきた異色の司法書士。 業界紙・業界誌などでの連載や「家賃滞納という貧困」「老後に住める家がない!」などの著作を通じて(ともにポプラ新書)、業界では知らない人…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!