コロナ感染拡大の影響により在宅時間が増える中、高齢者の孤立化が深刻な問題になっています。※本記事では、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏の書籍『不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方』(ポプラ社)から一部を抜粋・編集し、事例を紹介していきます。

独居老人の孤独死…コロナ禍で深まる孤立

新型コロナウイルスは、人々のリアルな触れ合いを規制しました。ソーシャルディスタンスが求められ、仕事ではリモートが推奨され、イベントやコンサートも一時は中止。オンライン飲み会という言葉も生まれました。

 

ひとりで飲むよりは、画面上であったとしても人と話しながらお酒が飲める。意外と楽しいものだと、知った人も多かったと思います。

 

ただしそれが高齢者となれば、どうでしょう? 技術的にオンラインで人とコミュニケーションを取れる人がいったいどれだけいるのでしょうか。例えばオンライン飲み会一つをとっても、若い家族がパソコンやインターネットのセッティング等をしてくれれば、新しいことにチャレンジもできます。

 

けれども誰にも教われず、パソコンやスマホも持たない人たちは、やりたくてもできません。そもそも「オンライン飲み会」という言葉すら、知らないかもしれません。こうして孤独な高齢者は、ますます孤立を深めていったのではないでしょうか。

 

家賃なんて払うもんか、と公言する内田洋平さんという73歳の男性がいました。内田さんは、大工として50年以上働いてきました。今もなお現役です。お金がない訳ではないのです。職人気質の内田さんは筋の通らないことは許せない、と家賃を拒否し始めました。いったい何があったのでしょうか。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

最近の家賃保証会社の保証方法には、概ね以下のような2種類の支払い方法があります。

 

①賃借人は家主に家賃を支払い、滞納があれば保証会社に連絡をして代位弁済してもらう

②賃借人は家賃保証会社に家賃を支払い、家賃保証会社から家主に支払う

 

内田さんは②のパターンでした。通常は銀行からの自動引き落としです。ここで引き落としがされなければ、コンビニ払い等の請求書が来て、滞納者は家賃を振り込むという流れになります。

 

なぜか内田さんは、自動引き落としを嫌がります。そのためいつもコンビニ払いの用紙を家賃保証会社から送ってもらい、それが届いたら支払うという方法を繰り返していました。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ家賃滞納の理由は「筋の通らないことは許さない」

あなたにオススメのセミナー

    不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

    不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

    太田垣 章子

    ポプラ社

    著者は、20年にわたり2500件以上の不動産トラブルを扱ってきた異色の司法書士。 業界紙・業界誌などでの連載や「家賃滞納という貧困」「老後に住める家がない!」などの著作を通じて(ともにポプラ新書)、業界では知らない人…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ