「大人の発達障がい」特徴や対処法は?現役医師が事例で解説

本記事では、筑波こどものこころクリニック院長/小児科医の鈴木直光氏の書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』より一部を抜粋・編集し、「大人の発達障がい」とどのように向き合うべきか、実例をもとに解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

本人が「発達障がい」を認識しておらず…

10年以上前までは、発達障がいが一般的にはあまり知られていませんでした。

 

そのため、小・中学校、高校、大学と見逃され、大人になり、今になって初めて自分はADHDではないかと気づきクリニックへ相談に来る大人の方たちが増えつつあるのです。大人になって気づければまだいいのですが、気づかず、さらに周りから指摘されても、自分は普通だと思い込み相談しない方も多くいます。

 

ある日、知り合いから自分の部下の営業マンについて、相談をされたことがあります。話を聞く限り、その会社の営業マンは、ADHDを伴った自閉スペクトラム症の可能性が高そうですが、本人はそのことを認識していないようです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

歳は40代前半で、それなりの大学を出て一時職に就きますが、その後転々とし、ようやく今の会社に正社員の営業マンとして採用されました。まだ結婚もしていません。会社でうまくいかないことに違和感は覚えつつも、そのままやり過ごしてきたそうです。

 

彼には、同じミスを何度も繰り返す癖があり、今の会社に正社員で入ってからも忘れ物や指示を聞いていないなど小さなミスを何度も繰り返していました。

 

ある日、知り合いの上司はプレゼンのためにその営業マンと出張するということで、羽田の喫茶店で待ち合わせることになりました。事前の打ち合わせで、上司は予定表を見て、「空港での待ち合わせ予定時刻が出発20分前では遅いのでは?」と尋ねましたが、頑なに「大丈夫です」と彼は言い切りました。

 

不安はあったのですが、そこまで強く言われてはと、彼の言う通りの待ち合わせ時間にしたのです。そして、万が一、喫茶店が見つからない場合は、出発ロビーで落ち合うことに決まりました。

 

当日、上司が第2ターミナルに着くと、彼の言う喫茶店は見つからないどころか存在していませんでした。

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!