「結果を出している人」と「失敗する人」の間にある決定的な差

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、周知の事実や世の中の常識に囚われずに成功するための思考法を説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「二番煎じ」真似することがいい選択肢?

ビジネスではよく、「他社と差別化しろ」、「オリジナルな商品を作れ」などと言う人がいますが、そういった言葉を聞くたびに、私は無言で相手の目を見つめることにしています。その心は「マジで言っていますか?」です。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

二番煎じがちょうど実行できそうな業界というのは、まさに成長途中、時流に乗りかけている可能性があります。古今東西のビジネスで成功したケースを調べれば、その多くが二番煎じどころか、他社の模倣から始まっていることが分かります。

 

例えば、日本の大手ネットサービスの中で、海外のサービスの模倣から始まったところは少なくありません。模倣といっても違法なものではなく、例えば海外の企業と契約を締結して始めた著名なインターネットサイトや流通等は、今やどちらも、もともとの親会社を凌駕するほどに成功しました。

 

身近な例としてカフェを挙げることができます。昔は日本には今のようなカフェ業態はなく、喫煙可能で男性ビジネスマンが一服ついでに立ち寄るような喫茶店型のチェーンが一般的でした。

 

そこに、内装にこだわり、禁煙でむしろ女性をターゲットにしたようなカフェチェーンがアメリカから上陸しました。各社はそれぞれ競合の良いところを模倣し、今やカフェは老若男女にとって居心地の良い空間へと発展しました。

 

これは、先に存在するすばらしいものをお手本として、そこから自分なりのオリジナルを生み出すという、良い意味でのコピーです。

 

なぜコピーなのに良いものであるのかといえば、それによって恩恵を受けているのは私たち消費者であり、また競争も促進されてより良いサービスが生み出されるからです。

 

例えば、初期のカフェチェーンはフードが弱かったのですが、後追いの別カフェチェーンがおいしいクロワッサンなどを提供して差別化を図ろうとしたことで競争が生まれ、各社のフードも格段においしくなりました。

 

このように、最初は同質化から始めて、あとから改善点を見つけて徐々に差別化するのが時流に乗りながら新しいことを始める際の成功のセオリーだと私はよく言っています。そのようなコピーからの改善を「カッコ悪い」とバカにする人がいることは知っています。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧