「どのように生きれば幸福になるか」という問いの歴史的変化 (※画像はイメージです/PIXTA)

哲学を取り巻く環境や、そのあり方は誕生以来時期によって大きく変わってきました。「どのように生きれば幸福になるか」という身近な問題がテーマであったヘレニズム・ローマ時代、神学の下位として学ばれた中世、そして宗教改革を経て世界の中心が神から人間へ変わり、神学への従属要素の薄まったルネサンス。それぞれの時代背景と照らし合わせて見ていきましょう。※本連載は、堀内 勉氏の著書『読書大全』(日経BP)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

哲学を身近な問いから「神に対する学び」に変えた中世

ヘレニズム・ローマ時代においては、「どのように生きれば幸福になるか」という身近な問題が哲学の主なテーマになっていきました。たとえば、精神的充実がもたらす快楽こそが善であり人生の目的であると説いたエピクロスに始まるエピクロス派や、自らに降りかかる苦難をいかに克服してゆくかを説いたゼノンに始まるストア派などです。

 

中でも、自らの運命を受け入れながらも積極的に生きようというストア派の哲学は、五賢帝の一人であるマルクス・アウレリウスをはじめとした、ローマ帝国の指導者たちの哲学として確立されていくことになります。

 

それに続く西ローマ帝国滅亡(476年)頃から東ローマ帝国滅亡(1453年)頃までのヨーロッパ中世においては、哲学の対象は主に「神」でした。中世におけるキリスト教の神は、世界と人間を完全に支配し、普遍的原理と秩序の根拠とされたという意味で、哲学は宗教に従属していたということができます。

 

特に、プラトンが開設したアカデメイアと、アリストテレスが開設したリュケイオンという二つの学問所が6世紀前半に閉鎖されると、学者と文献の多くはアラブの世界に受け継がれていきました。さらに、イスラム帝国が成立すると、アッバース朝(750年-1258年)は、国家的事業としてバグダードにシリア人学者を招き、シリア語のギリシア文献をアラビア語に翻訳させました。

 

後に、ヨーロッパ世界で哲学が再び開花するのは、イスラム哲学者たちによって継承されていた古代ギリシア・ローマの哲学、神学、科学の文献が、12世紀から13世紀頃にアラビア語からラテン語に翻訳された結果でもあるのです。

「スコラ哲学」大学を誕生させたが位置づけは神学の下

その後、西洋哲学がキリスト教から独立した地位を得るようになるのは、スコラ哲学によるところが大きいと考えられます。スコラ哲学は、イタリアの神学者であったトマス・アクィナスをはじめとする、ローマ・カトリック教会の神学者や哲学者によって確立されました。

 

スコラ哲学は、キリスト教の教義を絶対の真理とし、それをアリストテレス哲学によって精緻に理論化、体系化したものです。その発展は大学の誕生へとつながり、11世紀末にボローニャ大学が、12世紀前半にパリ大学が誕生することになります。

 

大学には、神学部、法学部、医学部という専門職養成のための三つの上級学部と自由学芸学部が置かれました。上級学部に進む前の学問の科目として、リベラルアーツ(liberal arts)と呼ばれる自由七科(文法学、修辞学、論理学、算術、幾何学、天文学、音楽)が公式に定められ、学生はこれらの科目を哲学部ないし学芸学部で学習しました。

多摩大学社会的投資研究所 教授・副所長
多摩大学大学院 特任教授 ボルテックス100年企業戦略研究所 所長

東京大学法学部卒業、ハーバード大学法律大学院修士課程修了、アイ・エス・エル(ISL:Institute for Strategic Leadership)(SLP)修了、東京大学 Executive Management Program(東大EMP)修了。

1984年日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。興銀証券(現みずほ証券)、ゴールドマン・サックス証券を経て、2005年森ビル・インベストメントマネジメント社長に就任。2007年から2015年まで森ビル取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)。

ボルテックス100年企業戦略研究所所長、社会変革推進財団評議員、川村文化芸術振興財団理事、アジア・ソサエティ・ジャパンセンター・アート委員会共同委員長、田村学園理事・評議員、麻布学園評議員、軽井沢ソーシャルデザイン研究所理事、ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ理事、アクアイグニス取締役会長、経済同友会幹事、書評サイトHONZレビュアーなどを務める傍ら、資本主義の研究をライフワークとして、多様な分野の学者やビジネスマンと「資本主義研究会」を主催している。

著書に『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社)、『ファイナンスの哲学』(ダイヤモンド社)、『資本主義はどこに向かうのか』(編著、日本評論社)。

著者紹介

連載哲学と思想、経済と資本主義…「人類の知」の進化を紐解く

読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊

読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊

堀内 勉

日経BP

人類の歴史と叡智を力に変える「最強のブックガイド」。 本書では、歴史に残る300冊を厳選し、さらにその中から200冊に絞って紹介しています。 300冊の一覧表を見ることで、書籍における知の進歩を一望できます。 本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧